婚活全般

各種婚活におけるメリットとデメリット、おすすめな人をまとめてみた!

海岸で夕日に向かって寄り添う新郎新婦

 

婚活の手法は、「結婚相談所」、「婚活サイト・マッチングアプリ」、「婚活パーティー」、「街コン」、「親族や知人の紹介によるお見合い」、と様々です。

これから婚活を始めようとしている方や、婚活に興味がある方にとって、それぞれの婚活手法の特徴はどうなのか、気になるところではないでしょうか。

 

そんな疑問を解決するために、この記事では、各種婚活手法におけるメリットとデメリットを、全てまとめて紹介しています。

紹介している婚活手法は以下の通り。

なお、結婚相談所は、一般的に仲介型データマッチング型に分類されるのですが、それぞれに大きな特徴があるので、この記事ではそれぞれの2つに分けて紹介しています。

 

各種婚活手法

  • 仲介型結婚相談所への登録
  • データマッチング型結婚相談所への登録
  • 婚活サイト・マッチングアプリへの登録
  • 婚活パーティーへの参加
  • 街コンへの参加
  • 親族や知人の紹介によるお見合い

 

また、それぞれの婚活手法がどのような人におすすめなのかも、全てまとめて解説しています。

ぜひ最後までお読みになり、参考にしていただければと思います。

 

【この記事でわかること】

仲介型結婚相談所のメリットとデメリット、おすすめな人は?

結婚式-シャンパンで乾杯

 

仲介型結婚相談所とは・・・?

簡単に言いますと、専任のアドバイザーによる手厚いサービスやサポートを受けながら、成婚を目指していく活動がメインの結婚相談所になります。

例えば、自分に合った相手をプロの目線で紹介してもらえたり、お見合いのセッティング等が基本おまかせでOKだったり・・・。

このように、頼れるアドバイザーの存在が、非常に大きな特徴です。

 

仲介型結婚相談所で婚活するメリットとデメリット!

仲介型結婚相談所で婚活するメリットは以下の通りです。

メリット

・アドバイザーのサポートが非常に充実。

・登録している会員の結婚への真剣度が高い。

・成婚率が非常に高い。

・短期間で結果を残せる。

・恋愛経験が少なくても結果が出やすい。

・自分自身ではなかなか気づけないような最適な相手と出会える可能性がある。

・安心・安全に活動できる。

 

仲介型結婚相談所で婚活するデメリットは以下の通りです。

デメリット

・料金が高い。

・登録する際、必要な書類が多く、審査が厳しい。

・アドバイザーとの相性が結果に大きく左右する。

 

まず大きなメリットとして、アドバイザーのサポートが非常に充実していること、会員の真剣度が高いことから、成婚率が非常に高いということです。

そして、サポートの充実は、短期間でも結果を残すことや、恋愛経験が少なくても結果を残すことも可能にします。

また、仲介型のシステム上の特色から、自分自身ではなかなか気づけないような最適な相手と出会えることも可能にしてくれます。

てる男
サポートの充実あっての仲介型だね。文句のつけようがない。

 

そして、デメリットは、料金が高すぎるということと、提出書類が多いということ。

ただ、これがあるからこそ、手厚いサポートが可能になっているわけですし、安心・安全な活動も可能にしています。

また、アドバイザーと相性が悪いと結果にも影響してきますが、この場合は直訴して別の人に変えてもらうようにすればよいでしょう。

てる太
メリットがめっちゃ大きいからね。このデメリットは仕方がないと言える。

 

なお、仲介型結婚相談所のメリットとデメリットについて、もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事に目を通していただければと思います。

あわせて読みたい
ブーケを持った花嫁
【仲介型結婚相談所】メリットとデメリットは?理由も詳しく解説!

続きを見る

 

仲介型結婚相談所はこんな人におすすめ!

フラワーブーケ

 

メリットとデメリットから導き出した、仲介型結婚相談所がおすすめとなる人は以下の通りです。

こんな人におすすめ

・結婚したいけど、何から手を付けたらいいかわからないような人

・自ら積極的に行動するタイプではない人

・恋愛経験があまり豊富でない人

・婚活に悩んでいてうまくいっていない人

・結婚するまでずっとアドバイザーから様々なサポートを受けたい人

・安心・安全に活動したい人

・多少お金がかかってもいいから、とにかく早く結婚したい人

 

以上、あくまでも平均的な仲介型結婚相談所におけるおすすめな人です。

同じ仲介型でも、結婚相談所によっては、サポートが強力なところもあれば、データマッチング型に近いところもあったり・・・、必ずしもこれに当てはまるとは言えません。

てる子
婚活にいろんな手法があって特徴があるように、結婚相談所にもいろいろ特徴があるってことだね。

 

ただ、業界大手の結婚相談所であれば、ほとんどのところはデータマッチング型的な要素も含んでいるところばかりですので、データマッチング型が向いている人でも結果を残すことが可能と言えます。

言い換えるなら、お金がどれだけかかってもいいから、とにかく結婚したい、だけどどこを選んだらいいかわからない、という方でも、仲介型を選んでおけば無難、ということも言えます。

ちなみに、仲介型、データマッチング型の両方のサービスを得られるような結婚相談所を「ハイブリット型結婚相談所」、と言う呼び方をする場合もあります。

 

データマッチング型結婚相談所のメリットとデメリット、おすすめな人は?

新郎の手の上に新婦が手をのせる

 

データマッチング型結婚相談所とは・・・?

簡単に言いますと、条件を絞り込んだりして、検索した結果の中から相手を探していく活動がメインの結婚相談所になります。

アドバイザーから多少のアドバイスは得られるものの、基本的に自らデータ上で気になる相手を探し、セッティング等も自らが行う必要があります。

また、データマッチング型結婚相談所の中には、来店して各種サポートを受ける、一般的な「店舗型」に対して、ネット上のみで各種サポートを受ける「オンライン完結型」もあります。

 

データマッチング型結婚相談所で婚活するメリットとデメリット!

データマッチング型結婚相談所で婚活するメリットは以下の通りです。

メリット

・アドバイザーのサポートがある。

・登録している会員の結婚への真剣度が高い。

・成婚率がそれなりに高い。

・短期間で結果を出すことも可能。

・自分のペースで効率よく活動できる。

・安心・安全に活動できる。

・仲介型結婚相談所よりは料金が安い。

 

データマッチング型結婚相談所で婚活するデメリットは以下の通りです。

デメリット

・料金が高い。

・登録に必要な書類が多く、審査が厳しい。

・自ら積極的に行動していく必要がある。

 

まず、仲介型結婚相談所と、データマッチング型結婚相談所の違いを、漢字一文字で表すとするのなら、仲介型結婚相談所が「受」であるのに対し、データマッチング型結婚相談所は「動」です。

てる美
仲介型はアドバイザーのアドバイスを「受」、データマッチングは自ら積極的に「動」。言わばそういうことでしょ。

 

専任のアドバイザーによる手厚いサポート受けながら、結果が出る仲介型とは違い、自ら積極的に行動することができないと、結果はなかなか得られず、このことが大きなデメリットとなってしまうのが、データマッチング型の結婚相談所です。

しかしながら、恋愛経験が豊富で、行動力がある方にとっては、アドバイザーのサポートが手薄なことは決してデメリットにはならず、逆に自分のペースで活動できるということで、これがメリットにもなり得ます。

このような人は、行動すればしただけの結果が見込めるようになるでしょう。

てる男
やっぱり。僕は絶対データマッチング型の方が向いてると思うよ。

 

また、アドバイザーからのサポートは、仲介型ほどの手厚さは期待はできませんが、ここぞという時には頼りになります。

料金が仲介型の結婚相談所より安く済むこともメリットですね。

 

なお、データマッチング型結婚相談所のメリットとデメリットについて、もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事に目を通していただければと思います。

あわせて読みたい
ブーケを持った花嫁
【データマッチング型結婚相談所】メリットとデメリットについて解説!

続きを見る

 

データマッチング型結婚相談所はこんな人におすすめ!

薄紫と白の花束

 

メリットとデメリットから導き出した、データマッチング型結婚相談所がおすすめとなる人は以下の通りです。

こんな人におすすめ

・自ら進んで行動ができる人

・恋愛経験が豊富で、自分に自信がある人

・アドバイザーのサポートを少しは受けたい人

・安心・安全に活動したい人

・多少お金がかかってもできるだけ早く結婚したい人

・時間を効率的に使って活動したい人(オンライン完結型)

 

以上、婚活サイト・マッチングアプリ等、結婚相談所以外の他の婚活手法とは違い、多少の投資があったとしても、結婚相談所という安心・安全に気を遣うことがないフィールド上で活動できる、ということがまず大前提で、活動したいという方。

その上、行動力があって、恋愛経験が豊富で自分に自信があるような人にとっては、非常におすすめの婚活手法である、と言えるでしょう。

 

婚活サイト・マッチングアプリのメリットとデメリット、おすすめな人は?

 

婚活サイト・マッチングアプリとは・・・?

簡単に言いますと、Web上やアプリ上で、会員検索をしたり、メッセージを送信したりといった、サービスを利用するサイト、アプリになります。

婚活サイトはWeb上での利用、マッチングアプリは専用のアプリをダウンロードして利用します。

アプリに対応していないところは、当然サイトのみの利用となりますが、アプリに対応しているところであれば、アプリでの利用が可能となります。

ちなみに、サイトで利用する場合は、各種データ等が詳細に見れたり、アプリで利用する場合は、面倒なログイン等がなかったり、一部オフラインでも利用が可能なことくらいで、どちらも大きな違いはなく、基本的に同じサービス内容です。

 

婚活サイト・マッチングアプリで婚活するメリットとデメリット!

婚活サイト・マッチングアプリで婚活するメリットは以下の通りです。

メリット

・利用料金が安い。

・気軽に登録できてすぐに始められる。

・利用している人の絶対数が多く、希望の条件にマッチしやすい。

・スキマ時間に効率良く相手を探せる。

・ルールに縛られたり、誰からも指図されたりすることなく、自分のペースで活動できる。

・会話が苦手、内向的な人でも、相手と仲良くなれる。

 

婚活サイト・マッチングアプリで婚活するデメリットは以下の通りです。

デメリット

・安全・安心面に不安がある。

・初めて会ったときにギャップが生じやすい。

・会員同士の温度差が激しい、真剣な人に会う確率が低い。

・自らの行動力、主体性がないとなかなか会えない。

・アドバイスをしてくれる人がいない。

 

スマホ社会の現在、急激に利用者数を増やしている「婚活サイト」「マッチングアプリ」です。

気軽に登録、利用できるため、結婚相談所に比べると会員数の桁が違います。

てる恵
とりあえず登録しておこう的な考えで登録する人がたくさんいるんだろうね。

 

ネットで自分のペースで相手を検索できるメリットがあり、データマッチング型結婚相談所のシステムと似ているので、行動力があり、積極的に活動できる方で、恋愛経験が豊富で、恋愛の駆け引きやメールが得意な方であれば、単に出会うことに関しては容易にできるかもしれません。

データマッチング型結婚相談所に近いサービスを、結婚相談所の10分の1くらいの料金で利用できるところは、大きなメリットと言えます。

てる子
やっぱり最大の魅力はこれだよね。

 

女性に関しては完全無料で使えるところがあったりもするし、男性でも最初の登録は無料のところもあるので、気軽に登録できます。

まずは複数のサイトに登録するだけしてみて、会員の情報を全て確認し、自分に合いそうなところだけで活動する、という方法もありでしょう。

結婚相談所とかけもちで登録するのも普通にありでしょう。

てる美
無料とか、複数同時とか、かけもちとか、手軽さがホント大きな魅力だね。

 

デメリットは、結婚相談所より会員の真剣レベルが低いため、成婚率も格段に低くなってしまうところです。

登録時に必要最低限の書類が必要となったりしますが、結婚相談所よりは敷居が下がるため、安心・安全面でも不安が残るということも頭に入れておきましょう。

「婚活」ではなく「恋活」目的の人も混ざっている、ということも覚えておかなくてはなりません。

てる太
まあ、安いから仕方がないよね。

 

「婚活」と「恋活」の違いについては、こちらに目を通していただければと思います。

あわせて読みたい
ハート型のビーズとリボン
婚活と恋活の違いとは何?明確に理解しておかないと結果にも影響あり

続きを見る

 

また、行動力がない方、恋愛経験が未熟な方では、時間と費用がひたすらかかるだけで、全く結果が出せない、ということも。

理想の人に出会えたらラッキー、くらいに考えておくのがいいのかもしれません。

てる恵
私は向いてなさそう。

 

なお、婚活サイト・マッチングアプリのメリットとデメリットについて、もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事に目を通していただければと思います。

あわせて読みたい
スマホを操作する女性と赤い花
婚活サイト・マッチングアプリで婚活!メリットとデメリットは?

続きを見る

 

婚活サイト・マッチングアプリはこんな人におすすめ!

毛糸で作られたカップルの人形とハート

 

メリットとデメリットから導き出した、婚活サイト、マッチングアプリがおすすめとなる人は以下の通りです。

こんな人におすすめ

・自ら進んで行動ができる人

・恋愛経験が豊富で自分に自信がある人

・誰からも指示を受けずに自らの意思で行動したい人

・とにかく極力費用をおさえたい人

・安心・安全面の不安を気にしない人

・結果が早く出なくても別に構わないという人

・空いた時間を使って効率的に活動したい人

・少しでも出会いの幅を広げたい人(他の婚活手法と同時進行)

 

以上、婚活関連に精通したプロのサポートがなくても、自らの行動力があり、積極的に活動できる人、恋愛経験が豊富で恋愛の駆け引きやメールが得意な人であれば、たくさんの会員数の中、競争に打ち勝っていけるので、おすすめであると言えます。

ただ、安心・安全面は気にせず、結果を急がずに時間効率が悪くても構わない、という条件付きの人に限ります。

また、料金がとにかく安く気軽に始められるので、お金を極力使いたくはない、という人にはおすすめの手法と言えます。

 

婚活パーティーのメリットとデメリット、おすすめな人は?

プロフィールシート

 

婚活パーティーとは・・・?

簡単に言いますと、結婚を真剣に考えている男女数十人が、ダイニングバー等の一つの会場に集まり、結婚したい相手を見つけるパーティーになります。

少人数制や、各種特定の職業や一定の年収以上、年齢別、◯◯が好きな人限定、といったように、参加条件の限定されたパーティーもあります。

いきなり直接会うことから始められるので、「プロフィールのイメージと違った」というようなことはありません。

また、結婚を考えている真剣な人に、1度にたくさん会えるのは大きな特徴です。

 

婚活パーティーで婚活するメリットとデメリット!

婚活パーティーで婚活するメリットは以下の通りです。

メリット

・1度にたくさんの人に出会える。

・気軽に参加できる。

・参加費用がそれほど高くない。

・参加する人の結婚への真剣度がそれなりに高い。

・まず初めに会って見た目を判断できるので、途中でギャップを感じることはない。

・見た目に自信がある人は強い。

・見た目に自信がなくても、まず会うことから始められる。

・自分の理想の条件に合った人に出会いやすい。

・コミュニケーション能力が上がる。

 

婚活パーティーで婚活するデメリットは以下の通りです。

デメリット

・見た目重視になりがち。

・気になった人がいても、集中してじっくり話せるとは限らない。

・安全・安心面で不安がある。

・たくさんの人と話すので疲れる。

・かすりもしないことも。

・アドバイスをしてくれる人がいない。

 

大きなメリットは、参加の敷居が低く、単発で気軽に参加できるところです。

また、一度にたくさんの人と直接接することができることも、大きなメリットと言えます。

そして、この中には真剣に結婚相手を求めて参加してくる人がほとんどなので、時間効率も悪くはありません。

てる男
結婚相談所でいうところの、最初の方のステップをスキップしているような感じとも言えるよね。

 

しかしながら、気軽すぎるがゆえに、なかなか思うようにいかない現実があります。

参加者は結婚を真剣に考えているような人がほとんどなのですが、付き合いで参加した、遊びで参加した、といったような、真剣ではない人も中には一定数います。

これがまず大きなデメリットです。

そして、男性は料金が微妙に高いこと、そのわりにはカップル成立の可能性が低いことも、デメリットと言えます。

てる美
いろいろ考慮すると、これをメインの活動にするのはやっぱり厳しいと思う。でも、たまに参加するのはいいかもしれないね。

 

なお、婚活パーティーのメリットとデメリットについて、もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事に目を通していただければと思います。

あわせて読みたい
シャンパンで乾杯
婚活パーティーで婚活ってどうなの?メリットとデメリットを解説!

続きを見る

 

婚活パーティーはこんな人におすすめ!

ハート型に作られたたくさんの赤いバラの花

 

メリットとデメリットから導き出した、婚活パーティーがおすすめとなる人は以下の通りです。

こんな人におすすめ

・婚活にガッツリ時間をさけない人

・短時間で真剣な相手と出会いたい人

・まず直接会ってから相手を選びたい人

・見た目に自信がある人

・データ検索等が面倒な人

・運良く理想の相手に出会えたらラッキーくらいな気持ちに考えられる人

・安心・安全面の不安はそれほど気にしない人

・他の婚活手法で結果が出ていない人(合間に気分転換で参加)

 

以上、とにかくたくさんの人とまず直接会話をしたい、自分に合う良い人を短時間で見つけたい、また、お見合い等の形式ばったことや、データによる検索等が面倒、という方にとっては、おすすめと言える婚活手法です。

結婚相談所や婚活サイト・マッチングアプリによる婚活で、思うような結果が出ていないときに、気分転換に参加するのもおすすめです。

運よく良い人に巡り合えちゃった、なんてことも十分可能と言えば可能です。

 

街コンのメリットとデメリット、おすすめな人は?

ビールで乾杯

 

街コンとは・・・?

簡単に言いますと、街中の飲食店を食べ歩きながら多くの異性と出会う目的で開催されている、街ぐるみで行われる大型の合コンイベント。

一般的な合コンとは違い、参加者は少ない場合でも数十名以上、規模の大きいと軽く100人を超えてきます。

合コンのノリで参加できる気軽さと、「出会い」と「グルメ」の両方を堪能できることが大きな特徴。

一応婚活における一つの手法として挙げられます。

 

街コンで婚活するメリットとデメリット!

街コンで婚活するメリットは以下の通りです。

メリット

・1度にたくさんの異性と知り合うことができる。

・気軽に参加できる。

・食事とお酒を楽しむことができる。

 

街コンで婚活するデメリットは以下の通りです。

デメリット

・安全・安心面に不安がある。

・結婚を真剣に考えている参加者が少なく、参加者同士の温度差も激しい。

・参加者全員と話すことが難しい。

・人見知りな性格だと厳しい。

 

まず、大きなメリットは、婚活パーティーとだいたい同じで、参加の敷居が低く、気軽に参加できるところです。

また、一度にたくさんの人と直接接することができることも、大きなメリットと言えます。

楽しみながら飲んで食べれるので、仮に出会えなくても「楽しめたからまいっか」と思えるところも一応メリットである、と言えます。

てる子
ほとんど合コンだよね。合コンの人数多いバージョンみたいな・・・。

 

しかしながら、結婚相手探しとなると、婚活パーティーよりも厳しい現実があります。

参加者の結婚に対する真剣度が低く、「婚活」ではなく「恋活」目的の参加者や、そもそも出会いを目的で参加していない人もたくさんいるのが現状です。

その日一夜限りが楽しければそれでよい、実は既婚者だった、という参加者も中にはいる、ということも理解しておきましょう。

トラブルに巻き込まれてしまう、というケースも少なからずあるのが現状です。

てる太
婚活としての街コンのあり方を考えるべきだよね。婚活目的で参加すると痛い目に合いそう。

 

なお、街コンのメリットとデメリットについて、もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事に目を通していただければと思います。

あわせて読みたい
みんなで乾杯
街コンで婚活するメリットってある?デメリットとあわせて解説!

続きを見る

 

街コンはこんな人におすすめ!

紐に吊るされた6色のハート

 

メリットとデメリットから導き出した、街コンがおすすめとなる人は以下の通りです。

こんな人におすすめ

・まず直接会って仲良くなりながら人を選んでいきたい人

・まだ真剣に結婚を考えていない人

・婚活を恋愛の延長のように考えている人

・軽いノリで楽しみながら活動したい人

・データ検索等が面倒な人

・安心・安全面の不安は気にしない人

・別に良い人に出会えなくてもその場が楽しければそれでいいと思える人

・他の婚活手法で結果が出ていない人(パーっと気晴らしに参加)

 

以上、街コンがおすすめの婚活方法となる人は、とにかくたくさんの人とまず直接会話をしたい、自分に合う良い人をたくさんの人と直接話して見つけたい、また、お見合い等の形式ばったことや、データによる検索等が面倒、というような方におすすめです。

そして、結婚に対してまだ真剣な思いがそれほど強くなく、婚活を恋愛の延長と考えているような方に一応おすすめですが、出会いを真剣に考えている人は、参加する価値はほとんどない、と言ってもいいでしょう。

ただ、結婚相談所や婚活サイト・マッチングアプリによる婚活で、思うような結果が出ていないときに、パーっと気晴らしに参加するのはありかと思います。

 

親族や知人の紹介によるお見合いのメリットとデメリット、おすすめな人は?

 

親族や知人の紹介によるお見合いとは・・・?

読んで字のごとくそのままですが、例えばお世話になってるような親族や知人から紹介を受けるスタイルのお見合いになります。

古くからある婚活の1つの手法ですね。

もちろん、紹介がないと何も始まりません。

 

親族や知人の紹介によるお見合いのメリットとデメリット!

親族や知人の紹介によるお見合いのメリットは以下の通りです。

メリット

・安心・安全に出会える。

・変な人を紹介される可能性が低い。

・仲を取り持ってもらいやすい。

・結婚までトントン拍子で事が運ぶ。

・離婚しにくい。

 

親族や知人の紹介によるお見合いのデメリットは以下の通りです。

デメリット

・紹介がこなければ永遠に何も始まらない。

・相手を選べない。

・断りづらい。

・交際期間が短く、相手を見極めにくい。

 

「頼んでもいないのに親が勝手にお見合いの話を持ってきた」といったように、息子・娘の結婚に熱心なご両親であれば、紹介を受けるのはたやすいことかもしれません。

しかしながら、これに関しては自らの行動でどうにかなることではありません。

まず、婚活を始めることを、親族や知人に対して宣言しておく必要がありますが、その後、紹介がなければ、永遠に何も始まりません。

また、自分で相手を選べない、断る際に気を遣わなければいけない、ということも大きなデメリットになりますね。

てる美
昔はこういうお見合いもよくあったみたいだけど、最近はほとんど聞かないよね。

 

しかしながら、実際にお見合いが成立し、双方が気に入った場合は、紹介者同士が承認していることもあり、紹介者のサポートを受けながら、その後はとんとん拍子で結婚まで事がスムーズに運んでいきます。

これは大きなメリットと言えます。

また、紹介者が絡んでいることもあり、安全・安心面で心配する必要がないこともメリットになります。

統計上離婚率が少ないこともメリットになりますね。

てる恵
とんとん拍子で事が運んでくれるのはいいね。

 

以上のように、親族や知人の紹介によるお見合いは、当然のことながら、結果を急ぐのであれば、これをメインでやるわけにはいきませんが、チャンスはいつ何時訪れるかわからなくて、メリットもそれなりにあります。

実は意外に可能性のある婚活手法と言えます。

 

なお、親族や知人の紹介によるお見合いのメリットとデメリットについて、もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事に目を通していただければと思います。

あわせて読みたい
お皿の上に乗った犬の人形カップル
親族や知人の紹介によるお見合いで結婚!メリットとデメリットは?

続きを見る

 

親族や知人の紹介によるお見合いはこんな人におすすめ!

ピンクのバラの入ったブーケ

 

メリットとデメリットから導き出した、親族や知人の紹介によるお見合いがおすすめとなる人は以下の通りです。

こんな人におすすめ

・自らの行動力がない人

・結果を急がない人

・結婚するまで頼れるサポートをずっと受けたい人。

・良い人を紹介されたらラッキーくらいに思える人

・これから婚活を始める全ての人(他の婚活方法と同時進行)

 

以上、親族や知人の紹介によるお見合いは、意外なところから突然チャンスが転がってくるものなので、どうせ紹介なんて得られない、周囲に婚活をしていることがバレたくないから嫌だ、自分で選べないのは嫌だ、断るのに気を遣うのが嫌だからお見合いなんかどうでもいい、と最初から可能性を潰してしまうのは、もったいないです。

てる男
お見合い、悪くないっすね。

 

他の婚活と同時進行で、選択肢を広げて、幅広くアンテナを張ることにより、結果を残す可能性を少しでも上げていきましょう。

というわけで、これから婚活を始める全ての人に一応おすすめであると言えます。

もし、親族や知人に積極的な人がいたら、ぜひ紹介をお願いしていくべきでしょう。

 

まとめ

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

ここまで、各種婚活におけるメリットとデメリット、それぞれのおすすめな人について紹介してきましたが、比較がしやすいように、以下に一覧でまとめてみました。

 

まずは、メリットとデメリットの比較になります。

各種婚活のメリットとデメリット比較一覧

婚活手法 メリット デメリット
仲介型結婚相談所 サポートが非常に充実
結婚への真剣度が高い
成婚率が非常に高い
短期間で結果を残せる
恋愛経験が少なくてもOK
自分自身では気づけない相手と出会える
安心・安全に活動できる
料金が高い
必要な書類が多く、審査が厳しい
アドバイザーとの相性が結果に左右
データマッチング型結婚相談所 サポートがある
結婚への真剣度が高い
成婚率がそれなりに高い
短期間で結果を出すことも可能
自分のペースで活動できる
安心・安全に活動できる
仲介型結婚相談所よりは料金が安い
料金が高い
必要な書類が多く、審査が厳しい
積極的に行動する必要がある
婚活サイト・マッチングアプリ 料金が安い
気軽に登録してすぐ始められる
絶対数が多く、条件にマッチしやすい
スキマ時間に効率良く相手を探せる
ルールに縛られず、自分のペースで活動可能
会話が苦手、内向的でも、仲良くなれる
安全・安心面に不安
初めて会ったときギャップが生じやすい
会員同士の温度差が激しい、真剣な人少ない
行動力、主体性がないと会えない
アドバイスをしてくれる人がいない
婚活パーティー 1度にたくさんの人に出会える
気軽に参加できる
参加費用がそれほど高くない
結婚への真剣度がそれなりに高い
まず直接会うので、途中でのギャップはない
見た目に自信がある人は強い
見た目に自信がなくても、まず会える
理想の条件に合った人に出会いやすい
コミュニケーション能力が上がる
見た目重視になりがち
気になった人がいても、話せるとは限らない
安全・安心面で不安
たくさんの人と話すので疲れる
かすりもしないことも
アドバイスをしてくれる人がいない
街コン 1度にたくさん知り合える
気軽に参加できる
食事とお酒を楽しめる
安全・安心面に不安
真剣な人が少なく、参加者同士の温度差激しい
参加者全員と話すことが難しい
人見知りな性格だと厳しい
親族・知人紹介によるお見合い 安心・安全に出会える
変な人を紹介される可能性低い
仲を取り持ってもらいやすい
結婚までトントン拍子で事が運ぶ
離婚しにくい
紹介がこなければ永遠に始まらない
相手を選べない
断りづらい
交際期間が短く、相手を見極めにくい

 

続いて、おすすめな人の一覧になります。

各種婚活のおすすめな人一覧

婚活手法 こんな人におすすめ
仲介型結婚相談所 結婚したいけど、何から手を付けたらいいかわからないような人
自ら積極的に行動するタイプではない人
恋愛経験があまり豊富でない人
婚活に悩んでいてうまくいっていない人
結婚するまでずっとアドバイザーから様々なサポートを受けたい人
安心・安全に活動したい人
多少お金がかかってもいいから、とにかく早く結婚したい人
データマッチング型結婚相談所 自ら進んで行動ができる人
恋愛経験が豊富で、自分に自信がある人
アドバイザーのサポートを少しは受けたい人
安心・安全に活動したい人
多少お金がかかってもできるだけ早く結婚したい人
時間を効率的に使って活動したい人(オンライン完結型)
婚活サイト・マッチングアプリ 自ら進んで行動ができる人
恋愛経験が豊富で自分に自信がある人
誰からも指示を受けずに自らの意思で行動したい人
とにかく極力費用をおさえたい人
安心・安全面の不安を気にしない人
結果が早く出なくても別に構わないという人
空いた時間を使って効率的に活動したい人
少しでも出会いの幅を広げたい人(他の婚活手法と同時進行)
婚活パーティー 婚活にガッツリ時間をさけない人
短時間で真剣な相手と出会いたい人
まず直接会ってから相手を選びたい人
見た目に自信がある人
データ検索等が面倒な人
運良く理想の相手に出会えたらラッキーくらいな気持ちに考えられる人
安心・安全面の不安はそれほど気にしない人
他の婚活手法で結果が出ていない人(合間に気分転換で参加)
街コン まず直接会って仲良くなりながら人を選んでいきたい人
まだ真剣に結婚を考えていない人
婚活を恋愛の延長のように考えている人
軽いノリで楽しみながら活動したい人
データ検索等が面倒な人
安心・安全面の不安は気にしない人
別に良い人に出会えなくてもその場が楽しければそれでいいと思える人
他の婚活手法で結果が出ていない人(パーっと気晴らしに参加)
親族・知人紹介によるお見合い 自らの行動力がない人
結果を急がない人
結婚するまで頼れるサポートをずっと受けたい人
良い人を紹介されたらラッキーくらいに思える人
これから婚活を始める全ての人(他の婚活方法と同時進行)

 

自分に合った婚活手法を選ぶ。

指を指すポーズをとる女性

 

まず、一覧から言えることですが、それぞれ各種婚活手法にはメリットとデメリットがあるので、無駄なく効率よく活動していくためには、自分に合った婚活をすることが、重要になってくるということです。

人それぞれ、予算的な都合や、時間的な都合、性格等、様々ですが、項目に多くあてはまるところを選択することが、「自分に合った婚活」ということになります。

 

ただ、最終的には何を1番に優先的に考えて選ぶか、ということも決めておきましょう。

例えば、結果を第一に考えるのであれば、予算は気にすることなく、1番結果の出そうな結婚相談所のどちらかにして、あとは自分に合った性格で決めるとか。

例えば、予算を第一に考えるのであれば、思うような結果がなかなか見込めなくても、1番安い料金の婚活サイト・マッチングアプリを選ぶとか。

この、優先する軸がしっかりしていないと、最終的な判断がなかなか下せません。

 

当サイトおすすめの婚活手法は・・・?

白、黄緑、ピンク、水色の花束

 

当サイトでは、「婚活は早く結果を出してこそ婚活である」、と考えています。

何のための婚活なのかと考えたときに、早く結婚したいから「婚活」をするのであって、だらだらとじっくり時間をかけて活動していては「恋活」と大差がないと言えるからです。

そういう意味でも、予算さえ問題なければ、当サイトのおすすめの婚活手法は、「結婚相談所」一択です。

あとは性格により仲介型向きなのか、データマッチング型向きなのかを判断して、選ぶだけです。

 

ただ、他の婚活手法は、安かったり、単発で参加できたり、と良いところもあるので、それらを活かして、同時進行や気が向いた時に参加していく、といった方法をとっていくのも良い、と考えます。

デメリットをしっかりわきまえた上で活動していけば、運が良ければ少ない予算で結果を残すことも不可能なことではないと言えますし、幅広く出会いの可能性を広げたほうが、より結果が得やすいからです。

 

以上、長文になりましたが、ぜひ本記事を婚活手法選びの参考にしていただければ幸いです。

 

-婚活全般

© 2020 婚活の教科書 〜おすすめの方法教えます〜