婚活パーティー・街コン

婚活パーティーで婚活ってどうなの?メリットとデメリットを解説!

2020年10月7日

シャンパンで乾杯

 

近年、その開催数や、参加者数が増加傾向にある「婚活パーティー」。

結婚を真剣に考えている男女が、結婚相手を探すために集まる出会いの場であり、婚活の1つの手法として確立されています。

婚活の手法は、「結婚相談所」、「婚活サイト・マッチングアプリ」、「婚活パーティー」、「街コン」、「親族や知人の紹介によるお見合い」、と様々ですが、「婚活パーティー」による婚活は、具体的にどのような特徴があるのか?

 

本記事では、婚活パーティーを利用して婚活する場合の、メリットとデメリットについて、詳しく解説しています。

これから婚活を始めようとしている方や、婚活パーティーを使っての婚活に興味を持たれている方は、ぜひ最後までお読みになり、参考にしていただければと思います。

 

なお、その他の婚活手法で婚活した場合のメリットとデメリットが知りたい方は、それぞれ以下の記事に目を通していただければと思います。

あわせて読みたい
ブーケを持った花嫁
【仲介型結婚相談所】メリットとデメリットは?理由も詳しく解説!

続きを見る

あわせて読みたい
ブーケを持った花嫁
【データマッチング型結婚相談所】メリットとデメリットについて解説!

続きを見る

あわせて読みたい
スマホを操作する女性と赤い花
婚活サイト・マッチングアプリで婚活!メリットとデメリットは?

続きを見る

あわせて読みたい
みんなで乾杯
街コンで婚活するメリットってある?デメリットとあわせて解説!

続きを見る

あわせて読みたい
お皿の上に乗った犬の人形カップル
親族や知人の紹介によるお見合いで結婚!メリットとデメリットは?

続きを見る

 

婚活パーティーで婚活するメリット!

goodのポーズをとる男性

 

ではまず、婚活パーティーで婚活する場合のメリットについて解説していきます。

紹介するメリットは全部で9つ、以下の通りとなっています。

 

婚活パーティーで婚活するメリット

  • 1度にたくさんの人に出会える。
  • 気軽に参加できる。
  • 参加費用がそれほど高くない。
  • 参加する人の結婚への真剣度がそれなりに高い。
  • まず初めに会って見た目を判断できるので、途中でギャップを感じることはない。
  • 見た目に自信がある人は強い。
  • 見た目に自信がなくても、まず会うことから始められる。
  • 自分の理想の条件に合った人に出会いやすい。
  • コミュニケーション能力が上がる。

 

1度にたくさんの人に出会える。

まず、婚活パーティーの特徴とも言える、最大のメリットはこれです。

1回の婚活パーティーの時間はおよそ1時間半~2時間くらいですが、この短時間の間に、1度に10~20人くらい、規模が大きければ30~40人の異性に会うことができてしまいます。

特に仕事が忙しい等で、日々時間に追われているような人にとっては、非常に大きなメリットと言えます。

てる恵
1度にたくさんってのはやっぱり魅力的だよね。

 

参加することで、確実にたくさんの異性に出会うことができるので、例えば他の婚活で、なかなか出会うことすらできていないような人は、気晴らしに参加してみるのもいいかもしれませんね。

 

気軽に参加できる。

ノートを広げた上で、スマホを操作する女性

 

これも婚活パーティーの大きな強みです。

当日でも、参加したいパーティーに空きがあれば、すぐに申し込んで参加することも普通に可能。

年齢や本人であることを確認するために、免許証等の身分証が必要になりますが、準備するものはそれくらいでOK。

てる子
お店を予約する感覚だよね、これ。

 

また、結婚相談所や婚活サイト・マッチングアプリのように、活動をスタートさせるときに必要なプロフィールの作成も、いっさいいりません。

写真を準備したり、アピールする文章を考えたりする手間が全く必要ないので、気軽さという意味では随一のレベルです。

運さえ良ければ、婚活を始めたその日に婚活パーティーに参加して、そのままカップル成立ということもあり得るわけですから、この場合は他のどんな婚活よりも最短で出会える、ということになります。

てる男
運がよければ活動したその日にカップル成立もあり得るってことでしょう。確かに他の婚活では考えられない。

 

結婚相談所や、婚活サイト等、他の婚活をやっていたとしても、単発で気軽に参加できるので、思うような結果が出ていないような人は、気分転換に参加するのもありかもしれません。

 

参加費用がそれほど高くない。

1回の参加費が男性でだいたい3,000~6,000円前後、女性でだいたい500~3,000円前後、と決して安くはありませんが、結婚相談所の料金に比べれば安いです。

中には、非常にリーズナブルな参加費でやっているパーティーもあります。

以下は、業界大手の婚活パーティー6社の料金比較になります。

 

大手婚活パーティー料金比較

婚活パーティー 男性参加費 女性参加費
PARTY☆PARTY 4,000~7,000円 1,000~3,000円
ホワイトキー 3,500~6,000円 500~2,000円
ゼクシィ縁結びイベント 3,500~6,500円 500~1,500円
シャンクレール 4,000~8,000円 500~2,000円
エクシオ 3,000~6,000円 500~3,500円
おとコン(OTCON) 3,500円(均一) 500円(均一)

 

また、以下は、他の婚活との料金比較になります。

仮に6ヶ月間同じ方法で婚活して結婚が決まった場合の、トータル費用の比較になります。

 

6ヶ月間同じ方法で婚活して成婚が決まった場合のトータル費用比較

婚活方法 6ヶ月間でかかる料金 ポイント
結婚相談所 100,000~500,000円 初期費用、成婚料、成婚料の有無により差が出る
返金制度付きのところもある
オンライン完結型は安い
婚活サイト・マッチングアプリ 男性 10,000~20,000円
女性 0~20,000円
まとめて払うと安くなる
女性は無料で利用できるところもある
婚活パーティー 男性 40,000~90,000円
女性 10,000~40,000円
月に2回参加した場合で計算
女性の参加費はかなり安い傾向にある
街コン 男性 40,000~90,000円
女性 20,000~70,000円
月に2回参加した場合で計算
女性の参加費は安い傾向にある

 

以上のように、単発だけではなく、何度も参加していると、決して安いとは言えませんが、結婚相談所の利用料金と比較した場合はまだ全然安いです。

てる太
単発ではそうでもなく感じても、何度も参加してると意外に費用もかさんでくるもんだね。

 

参加する人の結婚への真剣度がそれなりに高い。

両手でハートを持つ女性

 

基本的に結婚相手を探すことが目的で参加するのが婚活パーティー。

参加している人は、結婚を真剣に考えている人の割合もそれなりに高いです。

このため、運よくカップルになることができれば、その後の交際も、目指すゴールは同じなため、トントン拍子で進んでいく確率も、もちろん高くなります。

てる美
カップルになれるかなれないかは結局運頼りになっちゃうけど、真剣な参加者が多ければ、それだけポテンシャルも高いよね。

 

ただ、参加する会員の中には、友人の付き合いで参加したという方や、プロフィールを偽って参加している人等も少なからずいるので、100%真剣に結婚を考えている人ばかりではない、ということも覚えておきましょう。

 

まず初めに会って見た目を判断できるので、途中でギャップを感じることはない。

例えば婚活サイト・マッチングアプリで婚活した場合、会うまではオンライン上でやりとりするので、初めて会ったときに思っていた人と違った、といったようなギャップを感じることも少なくありません。

結婚相談所で婚活した場合にも、プロフィール写真のイメージと全然違った、なんてギャップを感じることもあり得ます。

これらの場合、もしお断りをすることになれば、それまでに費やした時間が無駄になってしまいます。

てる男
こういう時のがっかり感は半端ないからなあ・・・。

 

この点、婚活パーティーは、いきなり顔を見れるし、雰囲気もその場で確かめることができるので、途中で見た目のギャップを感じる、といったことは100%ありません。

 

見た目に自信がある人は強い。

黄色い花中心の花束

 

いきなり顔を見れるので、容姿が飛びぬけて良かったり、とパっと見の雰囲気が好印象の人は、ほぼ無双状態です。

容姿が飛びぬけて良ければ、人一倍目立つのはもちろんなことのですが、パーティーの時間が約1時間半~2時間前後、と決して長くはないことが影響しています。

1人1人と会話する時間が限られていることで少ししか話せず、会話の中身はほとんど印象に残りづらく、どちらかというと外見の良さの方が、印象として残りやすくなるからです。

てる恵
外見がよければどんな婚活でも強いだろうけど、婚活パーティーではその特色を最大限に活かせるってことだね。

 

見た目に自信がなくても、まず会うことから始められる。

結婚相談所や婚活サイトで婚活を始めてはみたものの、プロフィールの時点で弾かれてしまったりして、お見合い等直接会うことすら1度も叶わない、というような方も、もしかしたらいらっしゃることかもしれません。

このような方でも、婚活パーティーでは、参加費さえ払えば、何人もの異性といきなり会えることが確定です。

てる太
確定で会えるわけだから、とりあえず結果がどうあれ損した気分にはならないと思う。

 

写真写りが悪い、プロフィールの文章を書くのが苦手、でも会話はすぐに人を笑わせられることができるくらい得意、というような人には好都合と言えますね。

パーティー自体の時間は短いですが、会話がズバ抜けて得意であれば、1人1人に対して、短い時間の中でも強く印象付けることができるかもしれませんね。

 

自分の理想の条件に合った人に出会いやすい。

OKポーズを出す女性

 

婚活パーティーによっては、特定の職業や一定の年収以上、年齢別、◯◯が好きな人限定、といったように、参加条件の限定されたパーティーもあります。

自分の希望や価値観等に合ったパーティーを選べば、出会う相手をピンポイントで狙うこともできます。

このため、自分の理想に合った人に出会いやすい、ということになります。

てる美
例えば、公務員の人と出会いたい人が、公務員限定のパーティーに参加すれば、選ぶ相手は全員が公務員になるわけだから、そりゃあ出会いやすいに決まってる。

 

コミュニケーション能力が上がる。

婚活パーティーに参加すれば、必然的にたくさんの人と直接話すことになります。

このため、カップル成立になるかどうかという結果は抜きにして、例えば人と話すことがあまり得意ではないような人でも、参加するだけでコミュニケーション能力が上がって、その後の婚活に役に立つスキルは、少なからず身に付くはずです。

パーティーによっては、運営側から、参加者が話しやすいようにサポートしてくれるケースもあるので、全くの婚活初心者の人でも、参加することで損をする、ということはほぼありません。

てる子
まあ、勉強のために参加、という考え方もできるね。

 

婚活パーティーで婚活するデメリット!

何とも言えないといったようなポーズをとる男性

 

続いて、婚活パーティーで婚活する場合のデメリットについて解説していきます。

紹介するデメリットは全部で6つ、以下の通りとなっています。

 

婚活パーティーで婚活するデメリット

  • 見た目重視になりがち。
  • 気になった人がいても、集中してじっくり話せるとは限らない。
  • 安全・安心面で不安がある。
  • たくさんの人と話すので疲れる。
  • かすりもしないことも。
  • アドバイスをしてくれる人がいない。

 

見た目重視になりがち。

短時間で1度にたくさんの人に会えるのが大きなメリットの婚活パーティーですが、パーティーの時間が約1時間半~2時間前後くらい、と短いこともあり、1人1人に時間を割いてじっくり会話をすることができません。

このため、会話では印象に残しづらいので、どうしても見た目の良い人が印象に残りやすく、人気が集中してしまうので、見た目に自信がある人にとっては大きなメリットになる、ということは上記のメリットのところで述べました。

しかしながら、内面重視でじっくり勝負するような人にとっては、約1時間半~2時間という短時間で戦うには逆に非常に不利です。

てる子
時間が短いということが大きなメリットになる人もいれば、デメリットになる人もいるってことね。

 

直接顔を合わせるところから始まる、婚活パーティーの大きな特徴かもしれませんが、どうしても見た目が重視になってしまうのは否めません。

短時間でも笑わせられるといったように、会話に余程の自信でもない限りは、内面重視の人にとっては厳しい戦いになってしまいます。

 

気になった人がいても、集中してじっくり話せるとは限らない。

腕時計を見る男性

 

これも時間が短いことの弊害です。

時間が短い、限られていることにより、全員と話すのも一苦労。

気になった相手がいたとしても、みんながみんな話すので、その人に対して集中して話せる保証もなく、自分を100%アピールすることが難しいです。

迷っている時間もあまりなく、どんどん行動していかないと、あっという間に終了時間になってしまいます。

てる太
時間が短いと焦りも出るだろうから、余計にうまく話せなくなりそう。

 

結局、燃え尽きることなく、不完全燃焼のまま終わってしまった、ということもあり得ます。

 

安全・安心面で不安がある。

参加時に身分証の確認はするものの、それ以外の書類の確認はありません。

年齢と本人の確認まではできても、本当に独身であるか、年収や職業は本当か、といったようなことの正式な確認も基本していません。

条件限定パーティー等によっては、資格証明書等の書類が必要な場合もありますが、基本的には本人の申告制であることが多いです。

このように、参加への審査が緩いことから、安全・安心面では不安が残ります。

てる太
気軽に参加できるのは大きなメリットだけど、デメリットにもなるってことだね。

 

真剣に結婚を考えている人が多いのは事実ですが、独身と嘘をついて参加するような人も中にはいる、ということも頭に入れておかなければなりません。

カップル成立後に、会場から離れた後に、「実は・・・。」と言われるようなケースが少なからずあるのが現状です。

 

たくさんの人と話すので疲れる。

ハート型のクッション材に2つの表情

 

婚活パーティーでは、時間が限られた中、一気にたくさんの人と話していくので、結構な神経を使います。

華やかに楽しめそうなイメージもわいてきそうな婚活パーティーですが、実は意外とハードです。

てる恵
うん。疲れると思う。

 

意地でも全員と完璧に話す、といったようなゴリゴリな使命感にとらわれずに、疲れたなと思ったときには、まず一呼吸おいて心を落ち着かせて、あまり神経を使いすぎず、会話を楽しむように気持ちを切り替えていきましょう。

疲れた顔をしていたら、表情に出てしまい、結果も出にくくなってしまいます。

 

かすりもしないことも。

決して安くはない料金を払って参加する婚活パーティーですが、参加者の中に気になるような人が誰1人としていなかった、なんてこともあります。

この場合は、決して安くはないお金と、2時間近くという時間が無駄になってしまいます。

てる美
まあ、婚活パーティーに限らず、どんな婚活でも、結果が出なかったら、お金と時間は無駄になっちゃうわけだから、同じように仕方がないこととして諦めざるを得ないね。

 

ただ、たくさん話すことで、コミュニケーションスキルは少なからずレベルアップするわけですし、全くの損ではないので、気持ちを切り替えていきましょう。

 

アドバイスをしてくれる人がいない。

PCを開きながらスマホを操作する女性

 

例えば、結婚相談所で婚活する場合は、必ず1人1人の会員に、専属のアドバイザーが付きます。

お見合いから交際中のアドバイスはもちろん、結婚が決まったあとのサポートまでも充実していたりするので、結婚するまで非常に頼りになる存在として、会員を支えてくれます。

婚活パーティーは、単発で完結するシステムとなっているので、当然このような結婚相談所で言うところのアドバイザーはいません。

カップルとして成立した後も含めた全ての行動を、自己判断、自己責任で行っていく必要があります。

てる男
これは単発完結の婚活パーティーのシステム上仕方がないね。結婚相談所はこういったサービスも込々で高いお金を払うわけだし。

 

婚活の「核」になってくるところは、実は交際していくようになってからの活動です。

婚活パーティーでカップル成立になったからといって、決して安心してはいけません。

あくまで仮交際として成立しているだけであり、ここからさらに、正式な交際、結婚に向けて信頼関係を築いていく必要があります。

この行動が婚活におけるもっとも重要なところ、と言っても過言ではありません。

アドバイザーという頼れる存在がいない中、スムーズに婚活を進めていくためには、婚活関連の知識を得ていく等、結局自らが学んでいくしかありません。

てる美
うん。自分で学びながら進んでいけばいいだけの話でしょ。

 

参考に、当サイトでは、婚活に関する基礎的な情報や、必勝法、悩みについて等、様々な情報について述べた記事がありますので、ぜひ目を通していただき、役に立てていただけると幸いです。

関連記事一覧

婚活の基礎知識に関する記事一覧はこちら → 婚活入門

婚活の必勝法に関する記事一覧はこちら → 婚活必勝法

婚活の悩みに関する記事一覧はこちら → 婚活お悩み相談

 

まとめ

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

婚活パーティーは、気軽に参加でき、一度にたくさんの人に会うことができるというメリットを最大限に活用すれば、運さえ良ければ、他のどんな婚活よりも速攻で、簡単に、運命の人に出会うことが可能です。

その出会えるスピードは、他の婚活と比較しても随一です。

 

また、単発で完結なので、他の婚活と同時進行でも、気晴らしや気分転換に気軽に参加する、ということができるところも、非常に大きな強みです。

例えば、結婚相談所でなかなかいい出会いがなかったのに、ヒョロっと参加した婚活パーティーで、あっさりと運命の人に出会えてしまった、なんてことも普通にあり得ます。

参加費は決して安いとは言えませんが、高いとも言えない料金ですし、気軽に参加できて、1度にたくさんの人にいきなり会える、しかも、参加する人のほとんどは、真剣に結婚を考えている人ばかり。

安全・安心面での不安や、アドバイザーがいないことによるカップル成立後の不安等、デメリットもいくつかありますが、これらさえわきまえておけば、効率としては決して悪くないと言えます。

 

もし、これから婚活を始めようとしている方や、婚活パーティーを使っての婚活に興味を持たれている方は、本記事で述べてきたメリットとデメリットを参考にしていただき、1つの婚活の手段として、ぜひ今後取り入れてみてはいかがでしょうか。

様々なスタイルのパーティーがあって、ピンポイントで理想の条件の人を狙うことも可能ですので、いろいろ参加してみるのもありだと思います。

 

-婚活パーティー・街コン

© 2020 婚活の教科書 〜おすすめの方法教えます〜