婚活サイト・アプリ

婚活サイト・マッチングアプリで婚活!登録から結婚までの流れを解説!

寝転がりながらスマホを操作する女性

 

スマホの普及とともに、婚活における1つの手段として、急速に利用者が増加した「婚活サイト・マッチングアプリ(婚活アプリ)」。

ただ異性と出会うだけでなく、婚活の1つの手段としても、完全に確立されています。

 

では、婚活サイト・マッチングアプリを利用して婚活をした場合、どのようなステップを踏んで結婚まで至るのか。

婚活サイト・マッチングアプリに登録するところから、結婚までの流れは、大まかにいうと、以下のようになっています。

 

婚活サイト・マッチングアプリで婚活した場合の結婚までの流れ

  1. 婚活サイト・マッチングアプリを選ぶ。
  2. 婚活サイト・マッチングアプリで相手を探す。
  3. 相手と実際に会う。
  4. 交際をスタートさせる。
  5. 結婚相手として相応しいかどうか判断する。
  6. 結婚を決める。

 

この記事では、これらのに6つのステップについて、詳しく解説しています。

婚活サイト・マッチングアプリを利用しての婚活を考えている方には、ぜひ目を通していただきたい内容となっています。

ぜひ最後までお読みいただき、参考にしていただければと思います。

 

婚活サイト・マッチングアプリを選ぶ。

赤と青の旗を持った両手を上げる

 

まず、サイトやアプリを選ぶ上で、注意しなければならないことがあります。

それは、「婚活」、「恋活」、「出会い」の違いを明確にしておくということ。

それぞれ、「婚活」がメインの「婚活サイト・マッチングアプリ(婚活アプリ)」、「恋活」がメインの「恋活サイト・マッチングアプリ(恋活アプリ)」、「出会い」がメインの「出会い系サイト・出会い系アプリ」があります。

てる子
ややっこしい。マッチングアプリって婚活と恋活の両方に言えるんだね。

 

サイト・アプリごとに会員の傾向はあるので、婚活がメインなのか、恋活がメインなのか、遊びの出会いがメインなのか、これらを把握しておきましょう。

当然ではありますが、できるだけ早く結婚したいのであれば、真剣に結婚を考えている会員が多い傾向にある、婚活がメインのサイト・アプリを選んだ方が、早く結婚できる確率も高くなる、ということになります。

てる男
まあ、そういうことになるね。

 

ちなみに、呼び方や会員の傾向に違いはあっても、それぞれ婚活、恋活、出会いの線引きがあいまいである、ということも、覚えておかなくてはなりません。

あくまでも、会員の傾向が「婚活」なのか、「恋活」なのか、「出会い」なのか、というだけで、登録する全ての会員が、登録の際に違いを明確にしているわけではないので、それぞれ目的の違う会員がごちゃまぜになってしまっています。

てる美
要するに、真剣に結婚を考えてる人を探しているのに、ただ恋人を探しているだけの人ばっかりに当たったりとか、普通にそういうことがあるってことだよね。

 

婚活がメインの婚活サイト・マッチングアプリを利用しても、会員の中には恋活や出会い目的で活動している会員もいるということを、頭に入れておきましょう。

逆に言うなら、恋活がメインの恋活サイト・マッチングアプリを利用したとしても、真剣に結婚を考えている会員にも普通に出会える、ということになります。

ちなみに、「マッチングアプリ」という呼び方は、婚活、恋活、出会いの全てに通用してしまう呼び方なので、非常に厄介ですね。

 

参考に、こちらの記事もあわせてお読みいただければと思います。

あわせて読みたい
ハート型のビーズとリボン
婚活と恋活の違いとは何?明確に理解しておかないと結果にも影響あり

続きを見る

 

婚活サイト・マッチングアプリで相手を探す。

いろいろな種類のハートのチョコレート

 

さて、ここからはいよいよ、実際に婚活サイト・マッチングアプリを利用しながらの活動になります。

会員登録、プロフィール作成、マッチング成立、メッセージ交換、会う約束をする、の5つのステップで、相手を探していきます。

 

会員登録する。

まず、メールアドレスや携帯電話番号等を入力して会員登録します。

Facebookのアカウントで登録できるところもあります。

現在独身であること、18歳以上であることが、入会条件としてあったりします。

そして、免許証等の身分証明書による本人確認はほぼ必須となっています。

てる太
身分証明書は必要だけど、他の書類はほぼ必要ないってところがね・・・。気軽という意味ではメリットでもあるけど、厳しくない分、安全面でデメリットにも繋がる・・・。

 

プロフィールを作成する。

続いて、必要事項を入力したり、写真をアップしたりして、活動できる状態にしていきます。

このプロフィールは、自分のアピールポイントを相手にわかってもらうための唯一の方法になりますので、非常に重要。

写真や文章の良し悪しによって、自分を選んでもらえるかどうかが決まってしまいます。

てる恵
うん。他の人と差別化できる光るものが何かないと、埋もれちゃうよね。

 

写真のポイントは爽やかな笑顔と清潔感。これは男性も女性も同じです。

そして、文章ですが、人と同じような内容では素通りされてしまうので、なるべくテンプレは使わず、自分の言葉で、真剣な気持ちが伝わるような文章を心掛けましょう。

てる子
とにかくありきたりじゃあダメってことでしょ。

 

参考に、こちらの記事もあわせてお読みいただければと思います。

あわせて読みたい
バラの花とノート
婚活でモテるプロフィール作成方法!これだけおさえておけばOK!

続きを見る

 

マッチングを成立させる。

ノートに描かれた青と赤のハート 

 

ここからは婚活サイト・マッチングアプリ内での本格的な活動になります。

まず、相手との詳細なメッセージのやりとりを可能にさせるために、マッチングを成立させなくてはなりません。

基本的なマッチングの成立のさせ方は、自分からアプローチしていくか、相手からアプローチされるのを待つか、の2通り。

お互いが気に入れば、マッチング成立となり、その後メッセージのやりとりが自由に可能となります。

てる男
攻めるか、待つか。とにかくまずはマッチングさせないとね。

 

自分からアプローチしていく場合。

step
1
会員検索し、自分が気に入った相手に「いいね」を送る。

step
2
この相手から「いいね」や「ありがとう」の返信が来れば、マッチング成立。

 

相手からのアプローチを待つ場合。

step
1
自分を気に入ってくれる相手からの「いいね」を待つ。

step
2
相手からの「いいね」に対して、「いいね」や「ありがとう」を返信すれば、マッチング成立。

 

※なお、サイト・アプリによっては、この「いいね」や「ありがとう」のやりとりによるマッチング成立がなくても、最初から直接メッセージのやりとりができるところもあります。

 

メッセージのやりとりをする。

スマホを操作する女性 

 

マッチングが成立して、メッセージのやりとりができる権利を得たら、ここからは、お互いが何度もメッセージのやりとりをして、仲を深めていきます。

プロフィール作成も重要ですが、ここからのやりとりはもっと重要です。

結局どんなにマッチングが成立したとしても、メッセージのやりとりがうまくいかないことには、運命の人をたぐり寄せることはできません。

逆に言えば、少ないマッチングでも、このメッセージのやりとりでうまく繋がることができれば、結婚までいくことは可能、ということになります。

てる美
ここが婚活サイト・マッチングアプリの活動の「核」になるところだね。

 

メッセージのやりとりの頻度に関しては、平均的にはだいたい1日に往復で1~2通くらい。

もちろん以上になることも、以下になることもあるかもしれませんが、相手のことを考えて、多すぎず、少なすぎずがポイントです。

マメじゃないのは良くないけど、マメすぎてうざいと感じてしまうのも良くないので、早く仲良くなりたい気持ちが強くても、焦らず、はやる気持ちをグッとこらえましょう。

てる恵
バランスが大切だね。

 

大事なのはある程度相手のペースに合わせる、ということ。

仮に、話が盛り上がって、ここだという「勝負時だ」と思ったときには、多少回数が増えても問題ありません。

とにかく、一方的にならずに、お互いがある程度楽しみながら、仲を深めていくことが大切です。

てる美
楽しめていれば、それだけ会話も盛り上がっている証拠とも言えるしね。

 

会う約束をする。

お互いの信頼関係が築けて、そろそろ会ってみたいなと思えたら、会う約束を取りつけます。

もちろん、相手の方から会う約束をしてくることもあるでしょう。

ここまでに要する期間はだいたい2~3週間くらいが平均的な期間です。

お互いに会いたい気持ちが強ければ、1週間くらいで会うこともありですが、この場合は、無理に誘ったりせず、必ず相手に合わせるようにしましょう。

てる子
これがうまくいけば、サイト・アプリの役目はひとまず終わり、ってことになるね。

 

相手と実際に会う。

コーヒーを飲みながら会話をする男女

 

いよいよ緊張の初対面。

まずはカフェなどで、軽くランチやディナーを楽しむのが良いでしょう。

会っている時間を長くとりすぎたり、お出かけしたりするような、いきなりのデートは避けましょう。

メッセージのやりとりである程度の信頼関係はできているとはいえ、完全に信頼しきるのは危険です。

会った瞬間、思っていた人と全然違った、といったようなネット婚活特有のギャップが生じることもあり得ますので、まずは軽く会うことで、お互いの表情や雰囲気を確認する程度に済ませましょう。

てる太
ギャップに関してはホント祈るしかない・・・。

 

2回目以降に会うときから、お互いの信頼関係によっては、徐々にランチやディナーだけでなく、ちょっとしたお出かけデート等も織り交ぜていくようにしてして、さらに仲を深めていきましょう。

ただ、デートを繰り返しているからといっても、あくまでもここではまだ正式な交際ではない、友達関係のような仮の交際である、ということは覚えておきましょう。

てる美
1回目は初対面でちょっと緊張するだろうけど、ここからは本当の意味で楽しくなってくるだろうね。

 

また、あくまで仮の交際であるため、同時進行で2人目、3人目と会うのも特に問題はなく、別にルール違反でもありません。

しかしながら、くれぐれも、他にも会っている人がいる、といったような馬鹿正直な話はしないようにしましょう。

もちろん、相手に状況を聞くのもマナー違反です。

てる男
何人かと会っていって1人に決めた方が効率は良いからね。でもさすがにそれを馬鹿正直に話すわけない(笑)。

 

交際をスタートさせる。

男性から花束を受け取った女性

 

デートを重ねて、さらに信頼関係を深めて、この人だと思えたら、告白をして(されて)、真剣交際に発展させましょう。

てる恵
ここまで来ちゃえばあと少しだね。

 

ただ、交際をスタートするにあたり、注意しておかなければならないことが1つ。

デート等の活動を全て報告する結婚相談所による婚活とは違い、婚活サイト・マッチングアプリで出会った人との婚活は、全て自己管理、自己責任のもとで進めていきます。

この時点で、同時進行している人がいたとしても、報告義務がないので、最悪相手にバレなければいい、ということになりますが、ここからは真剣な交際ということになるので、このままの状態だと完全に2股です。

もしバレてしまえばそれまでの全てが水の泡です。

そこまでのリスクを冒してまで同時進行する意味が全くないので、完全に1人に絞りましょう。

てる子
うん。ここからは1人に集中!

 

また、正式な交際に発展するまでの期間は人によってまちまちです。

平均的には1~2ヶ月くらいが目安になりますが、会う頻度や慎重さによっては、3ヶ月以上にかかってしまうこともあれば、1ヶ月以内に決まってしまう場合もあります。

初めて会うまでのメッセージのやりとり期間が長く、お互いに信頼関係が深く気づけているのであれば、1回会っただけで、2~3回目に会う時からすぐに交際に発展するというケースもあり得ます。

これは、婚活サイト・マッチングアプリというネット婚活ならではの特色でもあり、強みとも言えますね。

てる男
初めて会うまでに深い仲になれちゃえば、その後はずっと無敵だね。

 

参考に、告白の成功率を上げるために、以下の記事もあわせてお読みいただければと思います。

あわせて読みたい
ピンクのバラの花と2つのハートと赤い糸
告白前に想いを猛アピール!直接的ではない言葉で好意を伝える方法!

続きを見る

あわせて読みたい
「LOVE」の文字と花
これは使える!女性からの脈ありサインを見分ける方法!男性必見!

続きを見る

あわせて読みたい
LOVEの文字と花
婚活男性が意中の女性にしか出さない脈ありサインとは?女性必見!

続きを見る

あわせて読みたい
ピンクの箱に入ったプレゼント
失敗しない告白の仕方!時間、場所、タイミング、伝え方のポイント!

続きを見る

 

結婚相手として相応しいかどうか判断する。

ブルーとピンクのハートを手にのせる女性

 

さらに交際を続けていく中で、交際相手が、結婚相手として相応しいかどうか見極めていきます。

最低でも約3ヶ月から半年前後くらいの充分な交際期間を設け、育ってきた環境や、人との接し方、金銭感覚、仕事に対する姿勢等、結婚後の2人の関係性や生活に関わってくることは、特に注意して見極めていきましょう。

「この人でいいや」と安易に判断するのではなく、「この人なら大丈夫」というくらいに思えるかどうかを基準に考えるといいでしょう。

てる太
結婚前の最終チェックだね。あとで後悔しないように慎重に見極めないとね。

 

見極めるためのポイントとしては、以下の記事を参考にしていただければと思います。

あわせて読みたい
ペアの結婚指輪
結婚相手を見極めるためのポイントを解説!重要なのはこの4つ!

続きを見る

あわせて読みたい
メモと花の飾りと紅茶
結婚相手に求める条件とは?男女別データをランキング形式で紹介!

続きを見る

あわせて読みたい
花嫁に対して、一言物申す花婿
絶対に結婚してはいけない女性とは?特に注意すべき特徴3つを厳選!

続きを見る

あわせて読みたい
花婿に対して一言物申す花嫁
こんな男性と絶対に結婚してはいけない!危険度MAXな人の特徴とは?

続きを見る

 

結婚を決める。

新郎新婦の人形

 

交際を重ね、結婚相手としてどうか見極めて、お互いがこの人で良いと思えて、お互いの意志も固まったら、いよいよ人生最大の決断です。

プロポーズをして(されて)、正式に結婚を決めます。

てる男
無事にここまでたどり着きたいもんだよ。

 

ここまでの交際期間は、早くて3ヶ月から半年前後、だいたい半年から1年前後が平均的。

早すぎてもお互いのことをよくわからないままですし、遅すぎてもズルズルといってしまい、待たせすぎてしまっても期を逃してしまいます。

交際中に、2人の間で「こうなったら結婚する」とか、結婚するベストなタイミングを、2人の約束ごととして話し合っておくのも1つですね。

 

まとめ

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

ここまで、婚活サイト・マッチングアプリで婚活した場合の、登録から結婚までの流れについて解説してきましたが、もう一度おさらいしておきます。

  • 婚活サイト・マッチングアプリを選ぶ。・・・婚活メインの優良サイトが効果的。
  • 婚活サイト・マッチングアプリで相手を探す。・・・メッセージのやりとりで信頼関係をできるだけ深める。
  • 相手と実際に会う。・・・1回目は軽く、2回目以降から徐々にデートを織り交ぜていく。
  • 交際をスタートさせる。・・・初対面から約1~2ヶ月。この人だと思えたら。この時点で1人に絞る。
  • 結婚相手として相応しいかどうか判断する。・・・交際を重ねて相手を見極める。
  • 結婚を決める。・・・交際から約半年~1年。お互いの意志が固まったら。

 

婚活サイト・マッチングアプリによる婚活は、結婚相談所による婚活と比べると、一般的に結果も出にくいと言われています。

しかしながら、この記事で述べてきたように、婚活に特化した優良なサイト・アプリを選び、きちんとしたステップを踏んで、真剣に活動していけば、結婚相談所のようにアドバイザーがいなくても、結婚まで持っていくことは十分可能である、ということがわかっていただけたことかと思います。

 

もし、今までに、婚活サイト・マッチングアプリに登録しようと考えていたけど、なかなか一歩を踏み出せずに登録を踏みとどまっていたような方や、1度使ってみたいと思っていた方、新たに興味を持った方は、ぜひこの記事を参考にしていただき、最初の一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

 

-婚活サイト・アプリ

© 2020 婚活の教科書 〜おすすめの方法教えます〜