結婚相談所 全般

【データマッチング型結婚相談所】メリットとデメリットについて解説!

2020年10月14日

ブーケを持った花嫁

 

婚活の手法は、現在、「結婚相談所」、「婚活サイト・マッチングアプリ」、「婚活パーティー」、「街コン」、「親族や知人の紹介によるお見合い」、と様々です。

中でも「結婚相談所」による婚活は、一般的に結果が出やすいと言われていますが、具体的にどのような特徴があるのか?

 

本記事では、結婚相談所による婚活をさらに細分化し、データマッチング型結婚相談所(※)を利用して婚活する場合の、メリットとデメリットについて、詳しく解説しています。

(※)結婚相談所

結婚相談所は大きく分けると「仲介型結婚相談所」、「データマッチング型結婚相談所」、の2種類に分類される。

「仲介型結婚相談所」は、専任のアドバイザーによる手厚いサービス・サポートを受けながら、成婚を目指していく活動がメインの結婚相談所。

「データマッチング型結婚相談所」は、条件を絞り込んだりして、検索した結果の中から相手を探していく活動がメインの結婚相談所であり、店舗を持たずにネット上でサポート等を受ける「オンライン完結型」もある。

 

これから婚活を始めようとしている方や、データマッチング型結婚相談所を使っての婚活に興味を持たれている方は、ぜひ最後までお読みになり、参考にしていただければと思います。

 

なお、仲介型結婚相談所を利用して婚活する場合のメリットとデメリットが知りたい方は、こちらをご覧ください。

あわせて読みたい
ブーケを持った花嫁
【仲介型結婚相談所】メリットとデメリットは?理由も詳しく解説!

続きを見る

 

また、結婚相談所以外の婚活におけるメリットとデメリットが知りたい方は、以下の記事に目を通していただければと思います。

あわせて読みたい
スマホを操作する女性と赤い花
婚活サイト・マッチングアプリで婚活!メリットとデメリットは?

続きを見る

あわせて読みたい
シャンパンで乾杯
婚活パーティーで婚活ってどうなの?メリットとデメリットを解説!

続きを見る

あわせて読みたい
みんなで乾杯
街コンで婚活するメリットってある?デメリットとあわせて解説!

続きを見る

あわせて読みたい
お皿の上に乗った犬の人形カップル
親族や知人の紹介によるお見合いで結婚!メリットとデメリットは?

続きを見る

 

データマッチング型結婚相談所で婚活するメリット!

両手の親指をたてるポーズをとる男性

 

ではまず、データマッチング型結婚相談所で婚活する場合のメリットについて解説していきます。

紹介するメリットは全部で7つ、以下の通りとなっています。

 

データマッチング型結婚相談所で婚活するメリット

  • アドバイザーのサポートがある。
  • 登録している会員の結婚への真剣度が高い。
  • 成婚率がそれなりに高い。
  • 短期間で結果を出すことも可能。
  • 自分のペースで効率よく活動できる。
  • 安心・安全に活動できる。
  • 仲介型結婚相談所よりは料金が安い。

 

アドバイザーのサポートがある。

資料の説明をする女性

 

結婚相談所に登録すると、専任の「アドバイザー」(結婚相談所によっては「マッチングコーディネーター」とか「成婚コンシェルジュ」とか呼び方が違う)が、まず必ず1人以上付きます。

このアドバイザーは、会員を成婚へと導く、いわゆる「婚活のプロ」であり、登録から成婚まで、会員に適切なアドバイスを送ったり、相談に応じたりして、会員をサポートします。

てる恵
結婚相談所と言えばこの人の存在でしょ。

 

データマッチング型結婚相談所のアドバイザーは、仲介型結婚相談所のアドバイザーほどサポートが充実しているとは言えません。

しかしながら、頼りになる存在であることに変わりありません。

活動に直結してくるようなサポートは、仲介型ほどは期待はできませんが、登録から結婚が決まった後のサポートまでも含めて、ここぞという時のアドバイスや、トータル的なサポートがあるので、心強い味方となってくれます。

てる美
期待できなくても、頼りにしたくなっちゃうね。

 

登録している会員の結婚への真剣度が高い。

手のひらの上にのせたたくさんの花

 

結婚相談所に登録するには、他の婚活手法と違い、免許証等の身分証以外にも、独身証明書や収入証明書、卒業証明書等の書類をそろえて、提出する必要があります。

また、料金に関しても、他の婚活手段と比較しても、非常に高額です。

このように、登録する際のハードルが高いにもかかわらず、結婚したい一心で会員となっているため、ほぼすべての会員が、真剣に結婚を考えて活動している、と言えます。

これについては、仲介型結婚相談所と何ら変わりはありません。

てる子
うん。真剣になる理由に納得。

 

成婚率が高い。

花嫁に結婚指輪を渡す花婿

 

仲介型結婚相談所とは違い、アドバイザーからのサポートは、充実しているとは言えないものの、ここぞというところではやはり頼りになります。

そして、全ての会員が結婚への真剣度が高い。

真剣に結婚を考えて活動している人同士が、アドバイザーの的確なアドバイスやサポートを、ある程度得ることができれば、成果は出やすくなる、と言えるでしょう。

サポートが強力な、仲介型結婚相談所ほどの成婚率の高さはありませんが、他の婚活手法と比べると、高いことに変わりはありません。

てる太
そりゃあ高いお金払って登録するんだし、結果が出る可能性も高くあって欲しい。

 

ただ、アドバイザーからのサポートは仲介型結婚相談所ほど期待はできないので、自ら行動していかないと結果は出ません。

逆に言えば、行動力のある人、積極的で主体性がある人であれば、かなり結果が出やすいということ。

この場合は、アドバイザーからのサポートがどうかとかいう話はほとんど関係がありません。

気になる相手には、何人でも同時にアプローチしていくことができるので、行動すればしただけ結果はついてきます。

てる男
ひたすら行動あるのみだね。

 

短期間で結果を出すことも可能。

ネックレスと花束

 

これについても、理由は成婚率が高いこととほぼ同じです。

会員の結婚への真剣度が高いということは、できるだけ早く結婚したい、と誰もが思っているということ。

できるだけ早く結婚したい会員同士に、アドバイザーからのある程度のサポート、これに行動と経験、知識が加われば、出会いから交際、結婚に至るまでスムーズにいくこと間違いなしでしょう。

てる恵
結局は行動することが重要ってことになってくるね。

 

自らのペースで効率よく活動できる。

スマホを操作する女性

 

ここまで何度か述べてきているように、データマッチング型結婚相談所は、仲介型結婚相談所のように、アドバイザーからのサポートは、充実しているとは言えません。

逆にこの点、自らデータ検索をして相手を探していくのがメインの活動になってくるので、自らの行動に自信があるのであれば、アドバイザーから余計な指図等も受けず、アドバイザーの価値観も気にせずに、自らのペース、自分の判断で活動していくことができる、とプラスにとらえることもできます。

そして、気になる相手がたくさんいれば、何人でも同時にアプローチしていくことができるので、効率良く活動できます。

てる美
人によってはデメリットもメリットに代わるってことの良い例だね。

 

また、ネット上で検索やメッセージのやりとり等が可能なところであれば、ネット環境さえあれば、スマホやパソコンでいつでも空いた時間に活動することが可能です。

これは非常に効率が良いと言えます。

 

安心・安全に活動できる。

胸をおさえるスーツの男性

 

結婚相談所では、登録する際に、身分証以外にも、独身証明書や収入証明書、卒業証明書、資格証明書等の、各種証明書の提出がほぼ必須となっています。

また、カウンセリングもあることなどから、登録するにあたっての審査が厳しく、まずこの時点で虚偽の申請をする人や、会員としてふさわしくないような人を排除しています。

また、登録後の会員の管理もキッチリとしていることもあり、安全面に余計な気を遣うことなく、安心して活動できる環境が整っています。

この点は、仲介型結婚相談所と何ら変わりはありません。

てる子
やっぱ高いお金出すわけだし、安全に活動したい。

 

仲介型結婚相談所よりは料金が安い。

指でOKポーズを作る女性

 

下記のデメリットのところでも述べますが、結婚相談所の料金は、他の婚活手法と比較すると、かなり高いと言わざるを得ません。

しかしながら、結婚相談所だけに限って言うと、データマッチング型結婚相談所の料金は、仲介型結婚相談所よりかなり安く済みます。

仲介型は、サポートが充実しているため、成婚が決まったときに、成果報酬として高額な成婚料を取るところがほとんど。

データマッチング型にはこれがないため、まずこの分でだいぶ安価になります。

そして、オンライン完結型であれば、さらに安くおさえることができます。

てる男
やっぱり安いに越したことはないからね。僕みたいに行動力に自信があれば、仲介型を選ぶ必要性はないね。

 

アドバイザーが付く、会員が真剣、安心・安全に活動できる、といったような結婚相談所としてのメリットが普通にありながらも、安価に利用できるのは良い点ですね。

 

データマッチング型結婚相談所で婚活するデメリット!

お手上げのポーズをとる女性

 

続いて、データマッチング型結婚相談所で婚活する場合のデメリットについて解説していきます。

紹介するデメリットは全部で3つ、以下の通りとなっています。

 

データマッチング型結婚相談所で婚活するデメリット

  • 料金が高い。
  • 登録に必要な書類が多く、審査が厳しい。
  • 自ら積極的に行動していく必要がある。

 

料金が高い。

電卓アップ

 

まず、データマッチング型結婚相談所の最大のデメリットはこれになります。

仮に、各種婚活において、6ヶ月間同じ方法で婚活し続けた場合、おおよそトータルでかかってくる費用をまとめると、下記のようになります。

 

6ヶ月間同じ方法で婚活して成婚が決まった場合のおおよそのトータル費用比較

婚活方法 6ヶ月間でかかる料金 ポイント
データマッチング型結婚相談所 100,000~250,000円 初期費用が高いか安いかにより差が出る
返金制度付きのところもある
オンライン完結型は安い
仲介型結婚相談所 150,000~500,000円 初期費用、成婚料、成婚料の有無により差が出る
返金制度付きのところもある
婚活サイト・マッチングアプリ 男性 10,000~20,000円
女性 0~20,000円
まとめて払うと安くなる
女性は無料で利用できるところもある
婚活パーティー 男性 40,000~90,000円
女性 10,000~40,000円
月に2回参加した場合で計算
女性の参加費はかなり安い傾向にある
街コン 男性 40,000~90,000円
女性 20,000~70,000円
月に2回参加した場合で計算
女性の参加費は安い傾向にある

 

以上のように、データマッチング型結婚相談所の料金は、高いと言わざるを得ません。

結婚相談所に限って言えば、仲介型結婚相談所ほど高くはなく、特にオンライン完結型であれば、かなりの安価になりますが、それでも他の婚活手法に比べると、高いことには変わりありません。

てる太
うーん。やっぱ高いね。

 

ただ、多少の投資をしたとしても、最終的に無事に成婚さえ決まれば万々歳ではないでしょうか。

安心安全に活動ができ、成婚率がそれなりに高く、短期間でも結果を出すことが可能なわけですから、集中的に活動して、一気に短期間で勝負をかけて成果を上げてしまえば、一概にも高いとは言えない、と言うこともできます。

また、結果が出なかったときの返金保証制度がある結婚相談所もあります。

このような結婚相談所であれば、お金のリスクは最小限で済みます。

結婚相談所によってはそれぞれいろいろな特徴があるので、よく考えた上で、自分に合ったところを選択しましょう。

てる美
婚活はとにかく結果が全てだからね。いくらお金が安くったってなかなか結婚できなければ意味がない。

 

なお、各結婚相談所の特徴について、こちらの「結婚相談所 口コミ・特徴」のカテゴリーページにて、業界大手の結婚相談所の口コミ・特徴をそれぞれ詳しくまとめていますので、参考にしていただければと思います。

 

登録に必要な書類が多く、審査が厳しい。

チェックを入れられるリスト

 

結婚相談所に登録する際は、あらかじめ準備して提出する書類がたくさんあります。

必要な書類はだいたい以下の通りです。

 

結婚相談所登録に必要な書類

  • 本人証明書・・・運転免許証、パスポート等
  • 独身証明書・・・独身証明書(本籍地の役所で発行)
  • 収入証明書・・・源泉徴収票、給与明細書(直近1年分)、または課税証明書(役所で発行)
  • 卒業証明書・・・卒業証書、学位記、または卒業証明書(卒業した学校で発行)
  • 本人写真・・・本人写真(プロにお願いすると良い)
  • 口座振替依頼書・・・口座振替依頼書(結婚相談所から指定の書類をもらう)
  • 在籍証明書・・・社員証、源泉徴収票、または在籍証明書(勤務先で発行)
  • 資格証明書・・・各公的資格証明書

 

上記のメリットのところでも述べましたが、このようにたくさんの書類を提出するからこそ、全ての登録者が安心・安全に利用できるようになるのです。

結婚相談所によっては、必要でない書類があったり、これ以外にも必要な書類があったりするかもしれませんので、まずは無料で資料請求、来店予約をするなどして、事前に確認しておきましょう。

書類が漏れていたり、不備があった場合には、登録を断られる場合もあり得ますので、登録する際には必ずチェックが必要です。

てる恵
安心・安全のためなら仕方ない。

 

参考に、こちらの記事では、結婚相談所に必要な書類について、それぞれの入手方法等も含めて詳しく解説していますので、あわせてお読みいただければと思います。

あわせて読みたい
ピンクの花とノート
結婚相談所登録に必要な書類まとめ!それぞれ入手方法についても解説!

続きを見る

 

自ら積極的に行動していく必要がある。

走り始める男性

 

上記のメリットのところでも述べましたが、データマッチング型結婚相談所では、アドバイザーからのサポートは仲介型結婚相談所ほど期待はできません。

このため、自ら積極的に行動していかないと、結果を得ることは厳しいです。

てる太
行動力に自信がないボクみたいな性格だと厳しいだろうなあ。

 

また、自ら動いていくにあたり、恋愛経験や婚活に関する知識が豊富かどうかも、結果に影響してくると言えるでしょう。 

アドバイザーのサポートはある程度はありますが、密なサポートは期待できないので、活動していくにあたり、ちょっとした駆け引きや、判断しなければならない場面に出くわした際、自ら的確な判断を下せるスキルがある程度は必要。

この点、恋愛経験や婚活に関しての知識が豊富であれば、アドバイザーに頼ることが難しい局面でも、豊富な恋愛の経験や婚活の知識が生きて、自ら的確な判断を下していくことができるでしょう。

てる子
ここは仲介型と大きく違う点だね。

 

このため、積極的な行動を最大限に生かしていくためにも、恋愛経験が少ない人や、婚活の知識が乏しい人は、まずはどんどん失敗を繰り返してでもとにかく積極的に行動して経験を積み、婚活の知識についても積極的に行動して学んでいきましょう。

てる男
経験も学びも結局行動あるのみ。

 

参考に、当サイトでは、婚活に関する基礎的な情報や、必勝法、悩みについて等、様々な情報について述べた記事がありますので、ぜひ目を通していただき、役に立てていただけると幸いです。

関連記事一覧

婚活の基礎知識に関する記事一覧はこちら → 婚活入門

婚活の必勝法に関する記事一覧はこちら → 婚活必勝法

婚活の悩みに関する記事一覧はこちら → 婚活お悩み相談

 

まとめ

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

データマッチング型結婚相談所を利用しての婚活は、書類をたくさんそろえたり、料金が高かったり、とまず、登録する上でのハードルが非常に高いです。

しかしながら、その分、安心・安全面に気を遣うことなく活動できたり、成婚率がそれなりに高かったり、短期間で結果を出すことも可能であったり、とデメリットに対するメリットは大きく、成婚への期待度も大きいことがわかっていただけたことかと思います。

結婚できる可能性は、仲介型結婚相談所ほど高くはありませんが、その他の全ての婚活手法と比べると、高いです。

 

そして、そのカギを握っているのが、積極的な行動力。

どんどん積極的に行動していかないと、結果をあまり期待できないわけですが、行動力のある人、積極的で主体性がある人であれば、かなり結果が出やすくなります

気になる相手がいたら、何人でも同時にアプローチしていくことができることもあり、行動すればしただけ結果が見込めます。

 

恋愛経験や、婚活に関する知識があればなおOK。

サポートがあまり期待できないデータマッチング型では、活動中、アドバイザーのアドバイスを得ずに、自らが判断を下す場面が多いため、恋愛経験や知識が豊富な人にとっては非常に有利となります。

恋愛経験も知識もないという人は、まずは失敗を繰り返してでもひたすら積極的に行動して経験を積み、婚活の知識についても積極的に行動して学んでいけば、どちらも自然に身に付いてくるはずです。

 

以上のように、活動においても、経験についても、学ぶことについても、データマッチング型結婚相談所で活動して成果を得るためのポイントは、とにかく行動です。

積極的に行動することで、成果を得る可能性を上げていきましょう。

 

ちなみに、すでにデータマッチング型の結婚相談所に登録して活動し始めている人は、この対処しかありませんが、まだ結婚相談所に登録するかどうかで迷っている方は、予算上問題がなければ、仲介型結婚相談所を選択した方が無難かもしれません。

仲介型結婚相談所は、恋愛経験が未熟でも、婚活における知識に乏しくても、アドバイザーのサポートが強力なため、これらをカバーできてしまう可能性が高いからです。

 

以上、もし、これから婚活を始めようとしている方や、データマッチング型結婚相談所を利用しての婚活に興味を持たれているという方は、本記事で述べてきたメリットとデメリットを参考にしていただき、ぜひデータマッチング型結婚相談所を利用しての婚活を、1つの婚活手段として考えてみてはいかがでしょうか。

 

-結婚相談所 全般

© 2020 婚活の教科書 〜おすすめの方法教えます〜