婚活全般

親族や知人の紹介によるお見合いで結婚!メリットとデメリットは?

お皿の上に乗った犬の人形カップル

 

昔は結婚と言えば、「恋愛結婚」と「お見合い結婚」の比率が半々だったとも言われています。

頼んでもいないのに、自分の息子や娘の結婚に対して熱心な両親や、近所に住む親戚の人等から、相手を紹介されてお見合いをする。

このようなケースは普通に珍しくありませんでした。

 

最近ではこういった話はほとんど聞かなくなりましたが、全くのゼロというわけではありません。

「結婚相談所」や「婚活サイト・マッチングアプリ」、「婚活パーティー」、「街コン」等と並び、婚活の手法の1つとして、まだまだ健在です。

そして、この「親族や知人からの紹介によるお見合い」ですが、実は意外にもメリットが多く、大きな可能性を秘めた婚活手法になります。

 

本記事では、親族や知人の紹介によるお見合いで結婚する場合の、メリットとデメリットについて、詳しく解説しています。

ぜひ最後までお読みになり、1つの婚活の手法として参考にしていただければと思います。

 

なお、その他の婚活手法で婚活した場合のメリットとデメリットが知りたい方は、それぞれ以下の記事に目を通していただければと思います。

あわせて読みたい
ブーケを持った花嫁
【仲介型結婚相談所】メリットとデメリットは?理由も詳しく解説!

続きを見る

あわせて読みたい
ブーケを持った花嫁
【データマッチング型結婚相談所】メリットとデメリットについて解説!

続きを見る

あわせて読みたい
スマホを操作する女性と赤い花
婚活サイト・マッチングアプリで婚活!メリットとデメリットは?

続きを見る

あわせて読みたい
シャンパンで乾杯
婚活パーティーで婚活ってどうなの?メリットとデメリットを解説!

続きを見る

あわせて読みたい
みんなで乾杯
街コンで婚活するメリットってある?デメリットとあわせて解説!

続きを見る

 

親族や知人の紹介によるお見合いのメリット!

「感謝」の文字の入ったつつみ

 

ではまず、親族や知人の紹介によるお見合いで婚活する場合のメリットについて解説していきます。

紹介するメリットは全部で5つ、以下の通りとなっています。

 

親族や知人の紹介によるお見合いのメリット

  • 安心・安全に出会える。
  • 変な人を紹介される可能性が低い。
  • 仲を取り持ってもらいやすい。
  • 結婚までトントン拍子で事が運ぶ。
  • 離婚しにくい。

 

安心・安全に出会える。

胸をおさえるスーツの男性

 

まずはなんといってもこれです。

両親や親戚、会社の上司や知人といったような、信頼できる身近な人からの紹介なわけですから、まずいい加減な人を選んでくるわけがありません。

身元や素性がよくわからないような人や、プロフィールに嘘をついてきたりするような人を、身近な人に紹介できるわけがないので、安心して会うことができます。

例えば、他の婚活手法だと、嘘をついてくるような人や、身元や素性がはっきりしないような人に会うこともあり得るので、そういう不安をいっさい気にせずに会える点は大きいです。

てる子
うん。やっぱ身近な人からの紹介なら安心でしょ。

 

変な人を紹介される可能性が低い。

ピンクのバラの入ったブーケ

 

これについても、安心・安全に会える理由と似たようなものです。

信頼できる身近な人からの紹介なわけですから、幸せになって欲しいという思いが強いわけですし、変な人をわざわざを紹介してくることは、普通に考えてありえないことです。

どんな性格が合うのかといったことや、好みのタイプ等もある程度知っているはずなので、そういう情報を知ってる上で考慮して、相手を選んできます。

付き合いだしてから何か問題があったら、紹介した手前上、少なからず責任を感じてしまいます。

以上のような理由から、上手くいく可能性の低いような変な相手を、わざわざ選んでくることは考えにくい、と言えます。

てる美
うん。その通りだと思う。幸せになってもらいたいって気持ちがあったらそれなりの人を紹介するはず。

 

仲を取り持ってもらいやすい。

母への感謝手紙と花

 

紹介者は、相手を紹介した手前上、2人にうまくいって欲しいと願うのが普通です。

例えば、2人の間でけんかをしてしまった、すれ違ってばかりで気まずくなってしまった、といったようなときに、間に入ってくれたり、相談に乗ってくれたりして、仲を取り持ってもらえることもあるかもしれません。

このように、ズルズルと別れてしまうかもしれない、というような状況になっても、紹介者のおかげで救われた、なんてことも十分あり得ます。

てる男
悪く言うとこういうのをお節介っていうんだろうけど、ホントに救われたらそんなこと言ってらんないよね。

 

結婚までトントン拍子で事が運ぶ。

空に向かってハートを送る

 

最大のメリットはこれです。

親族や知人の紹介によるお見合いでは、お見合いで2人の気持ちが一致しさえすれば、交際に発展して結婚が決まるまでが早く、また、結婚が決まってからも、その後の結婚まで、トントン拍子で、スムーズに事が運んでいきます。

てる恵
確かに。お見合い結婚は結婚までがメチャクチャ早いイメージがある。

 

この理由として、1つめは、双方の紹介される2人は、結婚への意識が高い、ということ。

結婚への意識が高いから、お見合いを受けているのであって、お見合いで2人の気持ちが一致しさえすれば、当然のようにすぐに交際へと発展していきます。

さらに、この人だと思えれば、結婚が決まるまでも、そうは時間がかからないはずです。

てる美
うん。真剣な気持ち同士なら、気持ちが一致したら早いでしょう。

 

2つめの理由としては、双方の紹介者は、紹介する相手と結婚することを望んでお見合いさせているわけですから、お互いのことを承認していて、応援する気持ちも強い、ということ。

結婚が決まってからは、お互い両親にあいさつしたり、新生活の準備をしたり、結婚式の予約をしたり・・・、と一般的にやらなければならないことがたくさんあります。

てる太
結婚決まってからも結構いろいろ大変っていうからね。

 

例えば、他の婚活手法(アドバイザーのいる結婚相談所を除く)で結婚が決まった場合は、これらを全て自分達で1つ1つやっていかなければなりませんが、紹介によるお見合いの場合は、紹介者が頼れる味方になってくれるので、紹介者のサポートを受けながら、前進していくことができます。

紹介者がお互いの両親や親族であれば、すでに承認しているわけですから、相手の両親にあいさつに行ったら良い顔されなかった、といったような問題等が生じることもいっさいない、ということになります。

結婚する上での障害が生じることがほとんどなく、トントン拍子で事が運んでいくので、運がよければかなりの早さで結婚することが可能です。

てる男
無限の可能性を秘めているというか、紹介によるお見合いもバカにできないね。

 

離婚しにくい。

結婚指輪をしている男女の手

 

お見合い結婚の離婚率は、通常の恋愛結婚に比べ、統計上かなり低いと言われています。

その理由は、できるだけ早く結婚するという、最初から結婚することを目的としてお見合いをしているからであり、せっかく手に入れた幸せは、ちょっとやそっとのトラブル等では手放したくない、と思うものです。

また、紹介してくれた人に対して申し訳ない、という気持ちも少なからずあることから、ちょっとした危機があったとしても、前向きな気持ちになりやすく、これも理由の1つとして考えられます。

てる子
へえー。離婚しにくいんだね。とりあえず理由を聞いて納得。

 

親族や知人の紹介によるお見合いのデメリット!

バツのポーズをとる男性

 

続いて、親族や知人の紹介によるお見合いで婚活する場合のデメリットについて解説していきます。

紹介するメリットは全部で4つ、以下の通りとなっています。

 

親族や知人の紹介によるお見合いのデメリット

  • 紹介がこなければ永遠に何も始まらない。
  • 相手を選べない。
  • 断りづらい。
  • 交際期間が短く、相手を見極めにくい。

 

紹介がこなければ永遠に何も始まらない。

Let's start!

 

こればっかりは自らの行動ではどうすることもできません。

別に時間がかかってもいいから紹介に頼りたい、という人はそれでいいかもしれませんが、時間が惜しい人はただ紹介をずっと待っていても何も始まりません。

紹介のお願いだけして、紹介をメインの婚活手段としないで、あくまでおまけ程度に考えておいて、別の婚活手法も同時進行でやっていきましょう。

同時進行なら、効率は悪くないと言えます。

てる恵
そうだね。待ってるだけじゃあ何も始まらない。レッツスタートだね。

 

相手を選べない。

いろいろな種類のハートのチョコレート

 

紹介する人は、もちろんお見合いを成功させたい思いで、どんな人が相応しいかをある程度考えてはきますが、ときにはかすりもしないこともあり得ます。

これについてもどうすることもできないことですが、とりあえず会うだけ会ってみるのも1つの手ではないかと思います。

「会ってみたら想像してたのと雰囲気が全く違った」、なんてこともあるかもしれません。

少しでも可能性のあるチャンスは、ものにしていきましょう。

てる太
実際の印象ってわかんないものだからね。写真は超コワモテなのに、会ってみたらメチャクチャ面白い人だった、みたいなね。

 

断りづらい。

スマホの画面を見ながら悩む女性

 

紹介してくる人は「何とか結婚させてあげたい」という気持ちで紹介をしてきます。

紹介される側としては、少なからずそのプレッシャーを感じて、断りにくくなるものです。

例えば、お世話になった親族からの紹介であれば、顔をつぶすことになる、と気を遣ってしまったり・・・。

例えば、会社の上司からの紹介であれば、その後の昇進に響く可能性も考えてしまったり・・・。

このように、親族や知人といったような、身近な人からの紹介によるお見合いは、紹介者のことも考えなければならないことが、大きなデメリットになります。

てる太
これが1番のデメリットだと思う。断るのは労力いるよー。

 

一度引き受けたお見合いの話は、気軽な気持ちでのぞまず、それなりの覚悟をもってのぞむ必要がある、と言えます。

 

交際期間が短く、相手を見極めにくい。

ハート型のクッション材に2つの表情

 

紹介される人はお互い真剣に結婚を考えているため、早く結婚したいという気持ちが強いものです。

このため、結果を出すことをあせってしまい、相手のことをじっくり見極めずに、早々に結論を急いでしまいがちになります。

てる子
うん。確かにあせったらじっくり見ようって気持ちがどっかいっちゃいそう。

 

また、紹介してくれた人に対しても少なからず気を遣ってしまいます。

このため、断りづらいというプレッシャーが強すぎて、早く決めないと心配されちゃう、といったようなせかされる思いで、相手のマイナスな部分に気付けなくなってしまい、どうしても結論を急いでしまいがちになります。

てる太
そうだね。プレッシャー感じたらちょっとしたことに気付けなくなっちゃうかも。

 

これだと、交際期間が短くなってしまい、相手を見極めるために十分な時間がとれないまま結婚を決めてしまい、あとで苦労する、と言ったようなことになりかねません。

早く結婚したくなる気持ちが強くなるものですが、グッとこらえて冷静になり、十分に見極めるだけの期間をとって、この人だと思えるまでは結論を急がないようにする、ということを覚えておきましょう。

てる男
実際こういう場面にならないと何とも言えないけど、とりあえずインプットしておかないとね。

 

参考に、以下の記事もあわせてお読みいただければと思います。

あわせて読みたい
ペアの結婚指輪
結婚相手を見極めるためのポイントを解説!重要なのはこの4つ!

続きを見る

あわせて読みたい
花婿に対して一言物申す花嫁
こんな男性と絶対に結婚してはいけない!危険度MAXな人の特徴とは?

続きを見る

あわせて読みたい
花嫁に対して、一言物申す花婿
絶対に結婚してはいけない女性とは?特に注意すべき特徴3つを厳選!

続きを見る

 

まとめ

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

親族や知人からの紹介によるお見合いは、デメリットもいくつかありますが、メリットもそれなりに多く、実は意外にも大きな可能性を秘めた婚活の手法の1つである、ということがわかっていただけたことかと思います。

 

親族や知人の紹介によるお見合いの可能性は無限大。

空に打ち上げられたたくさんの風船

 

簡単にまとめると、まず始めは自ら行動するわけではなく、自らは依頼をして他力に任せるだけ、というように、スタートのハードルは非常に緩く、親族や知人に宣言をするだけで誰でも始められます。

それから紹介がなければ永遠に何も始まらないし、紹介してもらう相手も自分で選ぶことはできませんが、紹介される相手さえ見つかれば、変な人を紹介される確率も低く、安心・安全に会えます。

 

そして、お互いの気が合えば、交際までも結婚までもトントン拍子で事が運んでいくわけですし、仮にけんかなどをして2人の関係が危うくなってしまったりしても、仲を取り持ってもらえたり。

さらには、無事に結婚出来れば、離婚率が低い、とここまでメリットが全て繋がってきます。

まさに黄金ルート。このレールに乗ることができれば、その可能性は無限大です。

 

ただ、1つだけ、交際してみて自分に合わなかったとき、断りにくい、ということだけは大きなデメリットになってきますが、特に神経を使うのはそれくらいなもの。

相手を見極めにくいというデメリットもありますが、交際期間に意識することで、これは解決できます。

 

可能性を最大限に活かすために。

四つ葉のクローバーを太陽にかざす

 

以上、親族や知人の紹介によるお見合いは、紹介がなければ何も始まらないので、早く結婚したいという方はこれをメインでやるわけにはいきませんが、チャンスはいつ何時訪れるかわかりません。

意外なところから突然転がってくるものです。

大きな可能性を秘めている婚活の1つの手法なのに、断るときに気を遣うのが嫌だからお見合いなんかどうでもいい、と最初から可能性を潰してしまうのは非常にもったいない話です。

 

もし、親族や知人に、お見合いについて積極的な方がいるようでしたら、他の婚活と同時進行で、選択肢を広げて、幅広くアンテナを張ることにより、結果を残す可能性を少しでも上げていきましょう。

運がよければトントン拍子で事が運んで、スピード婚も夢の話ではありません。

 

-婚活全般

© 2020 婚活の教科書 〜おすすめの方法教えます〜