婚活お悩み相談

婚活で出会えない人に共通する点とその対策についてまとめてみた!

2019年8月4日

背中を合わせる新郎新婦

 

「婚活を始めてからしばらくたっているのに、なかなか良い人に出会えない・・・。」

 

婚活をしていく上で、なかなか良い人に出会えない、もっとたくさん良い人に出会う方法はないのか、と悩んでいる方も少なからずいらっしゃることかと思います。

何故出会えないのか?

何が良くないのか?

何が間違っているのか?

そんなあなたの疑問にお答えします。

 

結論を言いますと、婚活でなかなか出会えない人に共通する点が何なのかをまとめると、以下のようになります。

婚活でなかなか出会えない人に共通する点

  • 出会いの機会が少なすぎる、活動量が少なすぎる
  • 相手に対する理想が高すぎる、相手を選びすぎている
  • 「婚活」をしているのではなく、「恋活」をしてしまっている
  • 自分自身に合った婚活をしていない、効率の悪い婚活をしてしまっている
  • 婚活期間がまだ短いのに、出会えないと焦ってしまっている

 

本記事では、婚活で良い人に出会える確立を上げるために、婚活でなかなか出会えない人に共通する点の詳細と、これらの対策として何をすればよいかということも含めて、わかりやすく解説しています。

ぜひ最後までお読みください。

 

そもそも、出会いの機会が少なすぎる、活動量が少なすぎる

28歳女性

「半年間で婚活パーティーに3回参加したけど、良いと思える人はほとんどいなかった・・・。」

35歳男性

「結婚相談所に登録して1年間で6人と会ったけど、良い人には全然出会えなかった・・・。」

 

このような人に共通して言えることは、そもそも出会いの機会と活動量がまだまだ少なすぎるということ。

半年間で婚活パーティーに3回参加しただけでは機会、活動量ともに少なすぎです。

結婚相談所に登録して1年間で6人しか会っていないでは機会、活動量ともに少なすぎです。

てる子
そりゃ少なすぎじゃあ結果も出ないよね。

 

これらに当てはまるような方の対策は以下の通り。

出会いの機会が少なすぎる、活動量が少なすぎる人の対策

  • とにかくもっと出会いの機会を増やす!
  • とにかくもっと積極的に行動しまくる!

 

とにかくもっと出会いの機会を増やす!

ハートのクッション材にたくさんの表情

 

出会いの機会が増えれば、それに比例して良い人に出会える確立も上がります。

まずはチャンスをを増やしていくよう心掛けていくことです。

 

例えば、結婚相談所や婚活サイトを中心に婚活しているのであれば、複数登録もありですね。

また、プロフィール等を見ただけで安易に断ろうとせず、基本は一人でも多くの人に会ってみることです。

てる恵
とにかく出会う機会を増やしていくってことね。

 

仕方なく会ってみたら実はイメージと全然違ってメチャクチャタイプだった・・・、なんてこともよくある話です。

 

とにかくもっと積極的に行動しまくる!

断られるのが怖くて行動しなければ何も始まりません。

行動すれば行動しただけ良い人に出会える確立も増えて、結果に繋がっていきます。

てる男
あま迷わず、深く考えすぎず、手を止めないことだね。

 

まず直感的に良いと思ったら積極的に行動していきましょう。

いろいろ考えるのは会ってからでも遅くありません。

 

そもそも、相手に対する理想が高すぎる、相手を選びすぎている

30歳女性

「この3ヶ月間で20人に会ったけど、良いと思える人は1人もいなかった」

29歳男性

「会う人会う人みんな普通の人ばかりで、理想の相手に全く出会える気がしない」

 

このような人に共通して言えることは、そもそも相手に対する理想が高すぎるということ。

相手を選びすぎてしまっているから出会えないのです。

てる子
だよね。そりゃあなかなか出会えないわけだ。

 

このような事態を防ぐ対策は以下の通り。

相手に対する理想が高すぎる、相手を選びすぎている人の対策

  • 理想が高すぎるのはNG!結婚相手としての理想を下げる!
  • 譲れない点、妥協できる点は明確にしておく!

 

理想が高すぎるのはNG!結婚相手としての理想を下げる!

バツのポーズをとる女性

 

理想が高すぎるのは出会えるためのハードルを高くしているだけです。

理想に100%マッチする相手になんてまず出会えません。

理想を下げることで出会える幅が大きく広がることとなるでしょう。

てる美
そうだね。高望みしすぎないようにしなくちゃ。

 

以下の記事は、お見合い申し込みでOK確率を上げる方法について書いた記事になります。

参考に、あわせてお読みいただければと思います。

あわせて読みたい
桜の花の間に差し込む光
お見合い申し込みで連戦連敗中の方必見!OK確率を上げる方法を伝授!

続きを見る

 

譲れない点、妥協できる点は明確にしておく!

参考までに、以下は結婚相手に求める条件として、20代、30代の未婚で将来結婚したい男女を対象に内閣府が平成26年に調査したデータになります。

 

男性が結婚相手に求める条件

順位 条件 割合(%)
1 価値観が近いこと 72.2
2 一緒にいて楽しいこと 67.8
3 一緒にいて気をつかわないこと 65.7
4 容姿が好みであること 35.3
4 金銭感覚 35.3
6 恋愛感情 34.6
7 自分の仕事を理解してくれること 32.7
8 共通の趣味があること 31.1
9 家事や家計をまかせられること 25.5
10 家事分担 14.7

出典:平成26年度「結婚・家族形成に関する意識調査」報告書(全体版) 第2章 調査結果 <結婚観(1)>

 

女性が結婚相手に求める条件

順位 条件 割合(%)
1 一緒にいて楽しいこと 80.0
1 一緒にいて気をつかわないこと 80.0
3 価値観が近いこと 78.5
4 金銭感覚 57.4
5 経済力があること 52.5
6 恋愛感情 46.1
7 親が同意してくれること 37.6
8 自分の仕事を理解してくれること 36.0
9 共通の趣味があること 31.2
10 家事分担 29.8

出典:平成26年度「結婚・家族形成に関する意識調査」報告書(全体版) 第2章 調査結果 <結婚観(1)>

 

以上を考慮した上でに、結婚相手に求める条件を洗い出し、譲れない点、妥協できる点を明確にしておきましょう。

そして、妥協できる点が理想には少し遠かったとしても、譲れない点さえクリアになっていれば、相手としてはOK、と考えるようにしましょう。

 

例えば理想に50~60%マッチするだけでも奇跡に近い確率と言える数字です。

これだけでもしっかりと設定しておけば、出会える幅がかなり広がることとなるでしょう。

てる太
1回時間を作って考え直さないと。

 

結婚相手に求める条件について、もっと詳細に知りたい、という方は、以下の記事をあわせてお読みいただければと思います。

あわせて読みたい
メモと花の飾りと紅茶
結婚相手に求める条件とは?男女別データをランキング形式で紹介!

続きを見る

 

そもそも、「婚活」をしているのではなく、「恋活」をしてしまっている

25歳女性

「コンタクトが取れた人はみんなヤリモクばっか。まだまともな人に出会えていない。」

33歳男性

「会えることは会えるんだけど、みんな結婚考えていない人ばかりで、結婚まで考えている人には出会えていない。」

 

このような人に共通して言えることは、そもそも「婚活」をしていないのではないかということ。

「恋活」をしてしまっているから結婚を考えているような真剣な人に出会えないのです。

 

自分では婚活をしていると思っていたのに、それは婚活じゃなかった・・・。

上記のような方々はいわゆる「恋活サイト」や「出会い系サイト」を利用している可能性が高いと言えます。

これでは当然のように結婚を考えている人に出会うことは難しいでしょう。

てる男
種類や違いを理解しないでただ婚活をやっていても、目的がズレちゃうってことだよね。

 

このような事態を防ぐための対策は以下の通り。

「婚活」をしているのではなく、「恋活」をしてしまっている人の対策

  • 「婚活」と「恋活」の目的の違いを知る!
  • 「婚活」の種類、「恋活」の種類を知る!

 

「婚活」と「恋活」の目的の違いを知る!

ブルーとピンクのハートを手にのせる女性

 

「婚活」と「恋活」ではその目的が大きく違ってきます。

 

婚活とは・・・

結婚活動(けっこん活動)は、結婚をするために必要な行動。略称は婚活(こんかつ)。

引用:ウィキペディア

恋活とは・・・

恋活(こいかつ)とは恋人を作るために行う活動の事。これは婚活や就活などになぞられた表現である。

引用:ウィキペディア

 

ウィキペディアでは、以上のように記載されています。

婚活の目的は結婚相手を見つけること、恋活の目的は恋人を見つけること。

これらを明確に区別することで、婚活のつもりが恋活をしていた、ということがないようにしましょう。

てる美
私達がやりたいのは婚活だからね。

 

「婚活」の種類、「恋活」の種類を知る!

「婚活」、「恋活」、それぞれの種類は以下のようになります。

婚活の種類

  1. 結婚相談所に登録する
  2. 婚活サイト、婚活アプリ(マッチングアプリ)に登録する
  3. 婚活パーティーに参加する
  4. 街コンに参加する
  5. 親族や知人の紹介によるお見合いをする

 

恋活の種類

  1. 恋活サイト、恋活アプリ(マッチングアプリ)に登録する
  2. 出会い系サイト、出会い系アプリに登録する
  3. 街コンに参加する
  4. 合コンに参加する
  5. 恋活パーティー(カップリングパーティー、ねるとんパーティー等)に参加する
  6. 各種趣味コン(料理コン、アニメコン、ゲームコン等)に参加する
  7. 知人や友人に異性を紹介してもらう

 

これら「婚活」と「恋活」の特徴として、まず、様々な恋愛のスタイルがある「恋活」とは違い、「婚活」は結婚を目的としている活動であるので、活動内容も限定されてきます。

「恋活」の種類については上記に挙げた以外にも探そうと思えばいくらでもありますが、「婚活」の種類については上記に挙げた5つでほぼ全てであると言えます。

 

また、街コンについては「婚活」、「恋活」のどちらにも属していると言えます。

結婚相手を見つける目的で参加する人もいますが、恋人を見つけるために参加する人や、ただ楽しい時間を過ごすために参加する人もいます。

てる恵
なるほど。婚活、恋活のどちらの目的の人もいるってことね。

 

そして、婚活サイト・婚活アプリ、恋活サイト・恋活アプリ、出会い系サイト・出会い系アプリについては、それぞれ「婚活」と「恋活」の線引きがあいまいです。

婚活サイト・婚活アプリ > 恋活サイト・恋活アプリ > 出会い系サイト・出会い系アプリ の順に婚活が目的の人の割合は高くなりますが、恋活が目的で利用している人もいるということです。

てる太
出会い系サイト・出会い系アプリが恋活目的の人ばかりってのはわかるけど、婚活サイト・婚活アプリにも恋活目的の人がいるのは厄介だね。

 

これらを知っているかいないかでは結果に大きく影響が出てしまうので、明確に理解しておきましょう。

時間や労力が無駄にならないように、もし恋活や出会いが目的として利用している人に出会ったら、例えその人がタイプの人だったとしても、迷わず切るべきでしょう。

てる男
まあ、無駄な時間を作らないためにもやむをえないよね。

 

この点、結婚相談所、婚活パーティーに関しては、恋活目的の利用者に出会う確率はほぼない、と言えます。

 

「婚活」と「恋活」の違いについて、もっと詳細に知りたい、という方は、以下の記事をお読みいただければと思います。

ハート型のビーズとリボン
婚活と恋活の違いとは何?明確に理解しておかないと結果にも影響あり

続きを見る

 

そもそも、自分自身に合った婚活をしていない、効率の悪い婚活をしてしまっている

30歳女性

「婚活サイトに登録して活動しているけど、会う人会う人ろくな人がいない。」

32歳男性

「結婚相談所を利用しているのに、会える人数が少なすぎる。」

 

このような人に共通して言えることは、そもそも、自分自身に合った婚活をしていないのではないかということです。

効率の悪い婚活をしていては当然のように良い人に出会える確立も下がります。

てる子
自分に合った婚活かあ・・・。

 

このような事態を防ぐ対策は以下の通り。

自分自身に合った婚活をしていない、効率の悪い婚活をしてしまっている人の対策

  • 婚活の種類とその特徴(メリット・デメリット)を知る!
  • 自分自身に合った婚活の方法を知る!

 

婚活の種類とその特徴(メリット・デメリット)を知る!

ノートと花とクリップ

 

婚活の種類については上記で述べましたが、それぞれの婚活の特徴は以下のようになっています。

 

各種婚活の特徴(メリット・デメリット比較)

婚活方法 メリット デメリット
仲介型結婚相談所※ アドバイザーのサポートが充実
恋愛経験の有無が影響しない
時間効率が非常に良い
安全・安心面に不安なし
料金が高い
データマッチング型結婚相談所※ アドバイザーのサポートが少しはある
行動力があれば結果を出せる
恋愛経験が豊富であれば好都合
安全・安心面に不安なし
アドバイザーのサポートが弱い
行動力がないと結果を出すことは難しい
料金が少し高い
婚活サイト・マッチングアプリ 行動力があれば結果を出せる
恋愛経験が豊富であれば好都合
料金が安い
気軽に登録できる
アドバイザーなし
行動力がないと結果を出すことは難しい
真剣な人が少ない
安全・安心面に不安がある
婚活パーティー、街コン 一度にたくさんの人と直接話ができる
時間効率が良い
気軽に参加できる
アドバイザーなし
真剣な人が少ない
安全・安心面に不安がある
親族・知人紹介によるお見合い 紹介者に相談ができる
双方が気に入れば結婚までが早い
安全・安心面に不安なし
紹介がなければ何も始まらない
相手の条件を選べない
断る際に気を遣う

※結婚相談所

「結婚相談所」は大きく分けると「仲介型結婚相談所」、「データマッチング型結婚相談所」の2つに分類される。

 

自分自身に合った婚活の方法を知る!

上記の表各種婚活の特徴(メリット・デメリット比較)」を参考に、あなたに合った婚活方法を選定しましょう。

 

例えば、行動力がないのにデータマッチング型結婚相談所に登録しても出会える確立は低くなります。

例えば、安全・安心第一で活動したいのに、婚活サイトに登録して活動しても不安が残るだけです。

てる恵
ここは良く考えた方がよさそうだね。

 

なお、各種婚活手法における、メリットとデメリットの詳細が知りたい方は、それぞれ以下の記事に目を通していただければと思います。

あわせて読みたい
ブーケを持った花嫁
【仲介型結婚相談所】メリットとデメリットは?理由も詳しく解説!

続きを見る

あわせて読みたい
ブーケを持った花嫁
【データマッチング型結婚相談所】メリットとデメリットについて解説!

続きを見る

あわせて読みたい
スマホを操作する女性と赤い花
婚活サイト・マッチングアプリで婚活!メリットとデメリットは?

続きを見る

あわせて読みたい
シャンパンで乾杯
婚活パーティーで婚活ってどうなの?メリットとデメリットを解説!

続きを見る

あわせて読みたい
みんなで乾杯
街コンで婚活するメリットってある?デメリットとあわせて解説!

続きを見る

あわせて読みたい
お皿の上に乗った犬の人形カップル
親族や知人の紹介によるお見合いで結婚!メリットとデメリットは?

続きを見る

 

そもそも、婚活期間がまだ短すぎるのに、出会えないと焦ってしまっている

26歳女性

「婚活を始めてからすでに3ヶ月が経過、なかなか良い人に出会えない・・・。」

36歳男性

「もう半年近く婚活やってるけど、良いと思える人に出会えたのはごくわずか・・・。」

 

このような人に共通して言えることは、そもそも3ヶ月や半年で悩む必要はないということ。

焦る必要はありません。

1~2年やってもなかなか良い人に出会えない、という方も普通にいるのが現状です。

てる美
焦りは禁物だね。

 

とはいえ、ダラダラと活動していてはいつになっても結果が出ません。

目標を決め、期間を決め、確実に一歩一歩行動していきましょう。

 

まとめ

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

以上、まずは何故出会えないのか?何が良くないのか?何が間違っているのか?

これら出会えない理由をしっかり把握することで対策を明確にしましょう。

そして、可能な限り出会える機会を増やすこと、やり方を間違えずにあなたにに合った方法で、コツコツと活動していくことを心掛けていきましょう。

 

こうすることで良い人に出会える確率も上がります。

ぜひとも今後の婚活の参考にしていただければと思います。

 

-婚活お悩み相談

© 2020 婚活の教科書 〜おすすめの方法教えます〜